潜水艦 小型核弾頭

アメリカが、潜水艦に、小型核弾頭を配備した。

アメリカの戦略は、世界の警察官を止めることである。

ところが、軍事費を10%増額し、小型核弾頭を開発する。

10%増額はレーガン以来である。 なぜか?

民主党のオバマも、共和党のトランプも、米軍撤退は変わりない。

やり方が違う、トランプは巧いのである。

米軍は、軍事的空白を作らず、徐々に撤退する。 同盟国の軍備を増強しながらである。 米軍駐留経費増額要求も、そのためである。 日本も、それに答えて、少しづつ増額している。

中国、ロシアへの警告も忘れない。 米軍は縮小すると見て、ロシアはクリミア半島、中国は、南シナ海を軍事基地化した。

オバマ政権が、まずったのである。 牽制しなかった。

トランプは、シリア政権が、化学兵器を使ったので、巡航ミサイルを撃ち込んだ。 警告である。 アメリカをなめるなよ、である。

今回の潜水艦小型核ミサイルも、警告である。 

コメントは受け付けていません。