日本民族 大和朝廷

約3万年前から1万年前にかけて、最初の古代人が、日本列島に、はるばる、アフリカからやってきた。かれらは、アフリカを出たのが20万年前である。

その間に、顔は平べったくなり、色も黄色になってしまった。

驚くべきことに、ネアンデルタール人とも混血している。現代でも、ネアンデルタール人の遺伝子を持っているのは日本人だけである。

その後、数千年前まで、日本列島には、いくつもの部族が群雄割拠していた。

天孫族、出雲族、薩摩隼人、蝦夷、などなどである。ようやく、2千年前に、天孫族が統一した。力で統一したわけではない。国譲りなど、話し合いと、婚姻、最小の武力で、お互いの神を認め合って、八百万の神々がいることになった。

なにを隠そう、安倍氏も、もともとは東北の蝦夷である。大和朝廷に臣従してから、九州の熊襲や、隼人を征伐して、あの山口一帯に定住したのである。

北海道にアイヌ、樺太、千島列島にアイヌがいたが、明治に、ロシアとの紛争で、千島のアイヌは日本人となったのである。 決して、先住民ではない。

同じ、縄文人の子孫である。

コメントは受け付けていません。