ラグビー W杯 国籍

ラグビー、にわかファンである。

今回のW杯で、初めて、ラグビーを観戦し、ルールも覚えた。

驚いたのは、国の代表が、国籍を問わないことである。

その国で、ラグビー選手として活躍していたら、国籍は問わないのである。

しかし、その国を大切にし、国歌を歌い、国民と仲良くする。もともと、ラグビーは英国発祥なので、世界の英国植民地で、ラグビーが広まった。本国からの、移民や出張での選手なので、国籍が、いろいろだったのだ。

これからの企業活動も、国籍が関係なく、社員がはたらくことになるだろう。しかし、その国を愛して、その国の大切なことは尊重して、その国の人たちと仲良くしていかねばならない。。

コメントは受け付けていません。