レーダー事件 金正恩暗殺未遂

レーダー事件の背後には、とんでもない大きな事件が隠されていた。

韓国艦船が、救助していた北の漁船は、なんと、救助していたのではなく、拿捕していたのだ。

また、乗っていたのは、漁民ではなく、兵士だった。

その兵士は、昨年、金正恩暗殺未遂を実行した部隊の兵士たちだった。

北としては、このような兵士は脱北させたくないので、韓国へ、拿捕、強制送還を依頼したのだ。

これは、北と南が、つるんでいることになり、大問題なので、見られてしまう、自衛隊の哨戒機をレーダー照射で追い払ったということだ。

たしかに、漁船を発見してから、2日後には、北へ強制送還しているのは、あまりにも、怪しい。

コメントは受け付けていません。