CO2 イネからヒト

地球上の二酸化炭素CO2はかつて、大気中の95%を占めていた。

いまは、0.04%である。

なぜ、減ったのか? 植物が消費したからである。植物はCO2と太陽エネルギーで成長し、それを動物や人間に供給する。

もはや、CO2は風前の灯である。もうすこし増やさないと動物や人間が絶滅する。

かつて、大量にあったCO2はどこに行ったのか? 化石燃料として、石油や石炭、天然ガスになっているのである。

人間は、化石燃料を燃やして、大気中にCO2を戻してあげなければいけない。

コメントは受け付けていません。