春闘 賃上げ 

企業は、空前の黒字で、内部留保は350兆円である。

普通なら賃金は上がるはずである。

先行きが不安であるからということで、少しは上げるのだろうけど、結構、しぶいことになるだろう。

企業は、正社員の給料を上げれば、非正規の給料を下げるだけである。格差が広がる。

画期的に労働環境をよくするためには、現在の週休2日制を週休3日制にするのである。

ここで、また、1日の労働時間を長くするような姑息な策はいけない。週40時間を35時間にするのである。

それだけの技術革新、効率化、行政の簡素化は知恵の出しどころである。

コメントは受け付けていません。