戦争反対 

これは当然である。一般国民は「戦争反対」である。政治家はいかに戦争を避けて国益を守るかを交渉しなければいけない。

しかしながら、軍人は違う。いつ、敵軍から攻め込まれてもいいように軍備を整えておかねばならない。

また、戦争はしないが、邦人保護、輸送路確保は、たとえ、敵軍からミサイルが降ってこようとも、守らなければいけない。

あくまでも、戦争は反対であるが、軍備を怠っては、国民は守れない。

コメントは受け付けていません。