オナガ沖縄知事 訪米

米軍基地は米国政府の運用であるから、米国政府に直接、訴えるオナガ知事の戦略は、米国民を覚醒させるかもしれない。

米国は、「皆の衆」の国である。民意が、沖縄に同情的になれば、米国政府は翻意する。

かつて、蒋介石の夫人が、日本帝国の大陸での横暴を訴え、米国民が国民党に同情的になってしまった。漢民族の日本人居住者への略奪、暴行のほうが大きかったのだが、米国民は、目の前でしっかり発言する人を信じる。

なぜ、沖縄に基地が集中するのか、今一度、日本政府は沖縄県民にわかりやすく説明する必要に迫られる。

コメントは受け付けていません。