辺野古住民の意思 

名護市長選で民意はわかった。住民は米軍海兵隊基地はいらないのである。

政府は淡々と建設工事を進めるという。沖縄住民の民意を無視すると手痛いシッペ返しを受けることになりはしまいか?

中共の手がそこまで来ているのである。

沖縄住民にとって日本政府が冷たいと感じれば、工作員の思うつぼではないのか?

政府はなぜ、オキナワに海兵隊基地が必要なのか、軍事的説明をしなければいけない。 ただ、抑止力と言ったところで、なぜ、山口県ではないのかの答えになっていない。

朝鮮半島有事に備えるならば、山口県だろう。すでに岩国基地には管理部隊がいる。 であるならば、海兵隊はグアムでよいのである。米軍兵士家族もグアムのほうが快適である。アメリカはグアムに移転するつもりである。

問題なのは米軍が尖閣を守る気はないことである。なぜ、米軍兵士が自衛隊の前に出るのだろうか? 米国兵士の母親たちは、息子たちが尖閣で戦死することを望まない。

いま、日本が準備しなくてはいけないのは、オキナワに尖閣を守れる十分な海上自衛隊の基地を作ることである。米軍とくに海兵隊に頼っていてはいけない。

コメントをどうぞ