日清戦争 清の属国、朝鮮 大韓帝国

日清戦争の三国干渉は受験にもよく出てきて有名ですが、そもそも日清戦争はなぜ起こったのか?

原因は朝鮮です。朝鮮は治安が悪いので、清、日本ともに居留民保護のために出兵しています。大使館員でも虐殺されてしまうので、当時、自国民保護は当然のことでした。

清は朝鮮を属国扱いしているので、朝鮮を近代化してロシアの植民地化を避けようとしたい日本と対立します。一足早く、近代化していた日本に分があり、勝利しますが、朝鮮は目出度く、清への朝貢をしなくてもよくなり、大韓帝国を名乗ることになりました。朝鮮は独立国となったのです。

ロシアは面白くなく、三国干渉でチャッカリ、遼東半島を手に入れます。朝鮮にも親露派がおり、いずれ、日露戦争になる予感があります。

朝鮮にはいまも昔も、支那、ロシアが隣にいるのです。

 

 

コメントをどうぞ