静岡県知事 浜岡原発

いよいよ静岡県知事選挙です。浜岡原発に対する姿勢が問われそうです。

現職の川勝氏は「県民投票で再稼働を決定する。」

自民推薦の広瀬氏は「専門家会議に任せる。」としています。

有権者としては判断しがたい。県民投票は一度、県議会で否決されている。県民投票をしなくても「浜岡廃炉」を公約にして、県知事選で勝利すれば、県民の意思として再稼働を県知事として許可しなければよい。

安全基準を満たしているかどうかは「専門家」でなければ評価できない。広瀬氏は至極、当然のことを発言している。

知事選に望むことは、フクシマ事故を受けて、新聞報道レベルで原子力発電の問題点を知っているわけであるから、その上で、政治家としての見解を聞きたいのだ。

お二人とも、原発利権にはかかわっていないようなので、県民のための政治姿勢を示してほしい。

浜岡原発は現在、停止中だ。再稼働に向けて、数々の安全工事を進めている。地震対策、津波対策。

北が原発にミサイルを撃ち込むと息巻いているが、ミサイル対策はできるのだろうか?

ボストンマラソンのテロには震撼したが、国内に北の工作員が最低でも数千人いるようだが、原発内作業員に工作員は紛れ込んでいないだろうか?

フクシマ事故のような場合、避難はできるのだろうか? また、補償はできるのだろうか?

以上のようなリスクを上回る利益があるのだろうか?

 

コメントをどうぞ