民主主義 小春日和

サンデル教授の白熱教室、5,000人が、「原発再稼働」「電気料金値上げ」「がれき処理」「ネット情報」「民主主義」について議論した。

40歳以下がほとんどで、それなりに政治、時事に関心がある層である。日本人の若者もたいしたものである。議論内容はハーバード大学の授業にも劣らない。

サンデル教授は講義後のコメントで、「若者が関心がある問題に具体的に声を上げようとしている。アラブの春には及ばないが、小春日和ぐらいにはなってきている。」と答えていた。日本の民主主義はまだまだなのだ。

コメントをどうぞ