尖閣 チベット ウイグル

中国は尖閣を是が非でも獲るつもりだ。チベット、ウイグルと同じ核心的利益だと言っている。チベット、ウイグルは中国か? チベット族、ウイグル族の国を中国は侵略したのではないか?

中国は新しい国だ。清朝が辛亥革命で倒れ、中華民国、蒋介石と毛沢東の共産党が覇権を争い、中華人民共和国いわゆる中共ができた。第2次世界大戦後の出来事だ。中共ではなく中国と呼ばれたいらしい。英語ではCHINA、つまり支那である。清朝、中華民国、中共、とその地域一帯を表すのはやはり支那だろう。現在の国を表すのは彼らが望む中国だろう。

さて、チベット、ウイグルは中国に占領されている。中国軍に何十万も殺されている。もっとも、国内でも反共勢力を何千万人も殺害している。近くの出来事では天安門では多くの学生が戦車で轢かれた。

中国人が大量にチベット、ウイグルに流入してきて、民族浄化を図っている。抵抗勢力を粛清して、民族浄化をしていくのが領土拡張のやり方だ。

尖閣、沖縄が危ない。

 

コメントは受け付けていません。