1月23日 月曜日 消費税 焼け石に水

消費税率を15年10月に10%に引き上げても、政府が財政健全化の指標としている基礎的財政収支(国と地方の合計)が2020年度時点で9兆~16兆円強の赤字になる見通しであることが23日、明らかになった。内閣府が24日に公表する予定の「経済財政の中長期試算」で示す。政府は財政健全化目標として20年度の基礎的財政収支の黒字化を掲げるが、それには、消費税換算でさらに最大7%程度の財源が必要になる計算だ。

 やはり焼け石に水なのだ。 消費税では財政再建はできない。 抜本的に社会保障制度を見直して予算の組み換えをしなければならない。 

コメントをどうぞ