2019 年 7 月 のアーカイブ

有志連合 ホルムズ海峡

2019 年 7 月 31 日 水曜日

ホルムズ海峡へ、武力行使で行くわけではない。 平時の「火の用心」に行くのである。

イランがタンカーを攻撃したわけではない。 革命防衛隊が、イラン国政府の意に反して、タンカーを攻撃したのである。

有志連合が、見回りをすれば、彼らも手が出せない。

アメリカは戦争をするつもりはない。

血液製剤も、買い占めていない。空母8隻も展開する用意はしていない。

予備役パイロットも召集していない。

特に、空母8隻を運用、用意するには、1年、かかる。

多数派工作 N国

2019 年 7 月 30 日 火曜日

NHKから国民を守る党の戦略がすごい。

全国に、候補者を立てて、比例で1議席を獲得した。

市議会議員、知事にも、候補者を立てていく。

地方議会選挙は、毎月、どこかでやっている。

NHK関連裁判も、支援している。とにかく、経験と知恵があるのである。

敵は、NHKだけかと思ったら、直接民主主義を目指している。

SNSで、その仕組みを作ろうとしている。

国会議員が5人、集まれば、政党要件を満たし、NHKの討論番組に出れる。

日米>G7>G20>国連

2019 年 7 月 29 日 月曜日

世界の合意形成は、国連では機能していない。

日米の合意形成が、G7で承認され、G20で根回しされ、国連で確認される。

いかに、日米首脳会談が大事かである。 安倍ートランプ会談は毎月、やっている。

電話は、毎日、毎週のようだ。

これぐらいでないと、中国、イラン、北朝鮮の現下の問題に対応できない。

憲法改正 審議入り

2019 年 7 月 28 日 日曜日

今回の選挙で、2/3を割り込んだことにより、野党は、審議入りに入りやすくなった。

選挙前は、2/3を超えていたので、改憲の発議がなされることを恐れて、審議入りを拒否していた。

いま、野党は、審議入りを拒否する理由はない。 むしろ、十分、審議して、問題点を浮き彫りにしたほうが、国民の賛意が得られる。

靖国神社 英霊との約束

2019 年 7 月 27 日 土曜日

今年は、靖国神社創立150年である。 幕末以来、国家のために、戦死した兵士の魂を祀っている。

英霊は一つである。 分祀はできない。 戦死した兵士の魂は、ひとつになって、靖国で再会し、靖国神社で祀られている。 そこへ、政権の長である、総理が参拝し、国家元首である、天皇陛下もご参拝する。

天皇陛下は、2~3年に一度、ご参拝なされれていたが、昭和52年以降、参拝なされていない。 かわりに、春、秋の例大祭に勅使を使わされている。

勅使は、御料車に乗り、その礼遇は、天皇陛下と同じである。

天皇陛下は、皇居から、御拝なされている。

半導体 戦略物資

2019 年 7 月 26 日 金曜日

半導体は、日常生活のPCでも重要な部品であるが、軍事的にも重要で、戦略物資である。

この戦略物資が、朝鮮半島で、製造されているということは、戦略的にあまり好ましくない。

今回のフッ化水素の輸出管理で、韓国産の半導体は製造されにくくなるが、アメリカ、日本での工場は突貫工事で、拡大させている。

世界市場では、今現在は、製造過剰で、在庫があまっているが、将来を見据えて、半導体は、日米の工場で生産していくことに、越したことはない。

新河野談話 必要な措置

2019 年 7 月 25 日 木曜日

日本は、韓国が、両国間で合意した協定を守らない、国際法違反を犯し続けるので、経済制裁をしていきますという宣言である。

必要な措置というのは、国際法違反に対して合法的にできる経済制裁である。

戦前は、戦争になっていたが、いまは、とりあえず、経済制裁をすることになっている。

経済制裁は3つの種類がある。 物、人、金の流れを遮断もしくは規制することである。

現在、戦略物資3つの輸出管理を厳格化しているが、1000品目に関して厳格化の用意がある。

危険人物は、入国禁止になっているが、観光客、就労ビザ、学生ビザも厳格化、実質、入国禁止措置を検討している。

日本から韓国への送金停止、通貨スワップ協定は締結しない。

新河野談話 2019.7.19

2019 年 7 月 24 日 水曜日

大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行について (外務大臣談話) 令和元年7月19日 英語版 (English) メール 1 日韓両国は,1965年の国交正常化の際に締結された日韓基本条約及びその関連協定の基礎の上に,緊密な友好協力関係を築いてきました。その中核である日韓請求権協定は,日本から韓国に対して,無償3億ドル,有償2億ドルの経済協力を約束する(第1条)とともに,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題は「完全かつ最終的に解決」されており,いかなる主張もすることはできない(第2条)ことを定めており,これまでの日韓関係の基礎となってきました。 2 それにもかかわらず,昨年一連の韓国大法院判決が,日本企業に対し,損害賠償の支払等を命じる判決を確定させました。これらの判決は,日韓請求権協定第2条に明らかに反し,日本企業に対し一層不当な不利益を負わせるものであるばかりか,1965年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すものであって,極めて遺憾であり,断じて受け入れることはできません。 3 我が国は,国際社会における法の支配を長く重視してきています。国家は国内事情のいかんを問わず国際法に基づくコミットメントを守ることが重要であるとの強い信念の下,昨年の韓国大法院の判決並びに関連の判決及び手続により韓国が国際法違反の状態にあるとの問題を解決する最初の一歩として,本年1月9日に日韓請求権協定に基づく韓国政府との協議を要請しました。 4 しかしながら,韓国政府がこの協議の要請に応じず,また,韓国大法院判決の執行のための原告による日本企業の財産差押手続が進む中,何らの行動もとらなかったことから,5月20日に韓国政府に対し,日韓請求権協定第3条2に基づく仲裁付託を通告し,仲裁の手続を進めてきました。しかしながら,韓国政府が仲裁委員を任命する義務に加えて,締約国に代わって仲裁委員を指名する第三国を選定する義務についても,同協定に規定された期間内に履行せず,日韓請求権協定第3条の手続に従いませんでした。 5 このことにより,5月20日に付託した日韓請求権協定に基づく仲裁委員会を設置することができなかったことは,極めて遺憾です。 6 昨年の一連の韓国大法院判決並びに関連の判決及び手続による日韓請求権協定違反に加え,今般,同協定上の紛争解決手続である仲裁に応じなかったことは,韓国によって更なる協定違反が行われたことを意味します。 7 日本政府としては,こうした状況を含め,韓国側によって引き起こされた厳しい日韓関係の現状に鑑み,韓国に対し,必要な措置を講じていく考えです。 8 本件の解決には,韓国が度重なる国際法違反の状態を是正することが必要であり,韓国に対し,そのための具体的な措置を直ちに講ずるよう,改めて強く求めます。

日韓貿易 仲裁

2019 年 7 月 23 日 火曜日

韓国の文大統領が、アメリカのトランプ大統領に泣きついた。

アメリカは、日本も望むなら仲裁してもよいと言っている。

日本は望まないだろう。 ここ、3年間、戦略物資を厳格に管理するように韓国当局に言ってきても、何も、対応しないので、厳格化したのである。

日本は、単純に、ホワイト国から除外しただけである。

それよりも、文政権は、財界から突き上げられて、アメリカに泣きついたが、普通は、ホワイト国に戻れるように、管理を徹底すればいいだけである。 それをしないということは、韓国の財閥、財界を崩壊させようとしているのではなかろうか?

文政権が、財閥を解体すると恨みを買うので、日本がホワイト国を外したから、財閥の経営が悪くなったという言い逃れをするのではなかろうか?

世界は減税

2019 年 7 月 22 日 月曜日

アメリカ、中国、あのギリシャも減税で、乗り切ろうとしている。

日本はなぜか、増税でも参議院選挙で、過半数を維持してしまった。

改憲勢力の2/3は、割り込んでいるが、首相は余裕である。

無所属や、どこかの党を1本づり、するのだろか?