‘歴史’ カテゴリーのアーカイブ

コロナ 戦争

2020 年 4 月 4 日 土曜日

梅雨が来て、猛暑の夏が来れば、国内のコロナは終焉するだろう。

しかし、油断してはいけない。下火になるだけで、また、冬がくればやってくる。

いわば、インフルみたいな、季節性になるだろう。海外の流行地からの侵入もある。

今回の武漢ウイルスだけではない。中国では、まだ、野生動物を食べる習慣があり、ウイルス研究所で使った実験動物も、ときには、生鮮市場に出てしまうのである。 数年おきに、新型ウイルスが湧き出ることになる。

今回の武漢肺炎で、世界の働き方が変わるだろう。

まず、国境管理が厳しくなる。査証は簡単には出ない。

ヒト、モノ、カネは、グローバル化で、簡単に、世界を駆け巡っていたが、ヒトの動きは制限される。 海外旅行、海外への出稼ぎ、留学は難しくなる。 

テレワークが、進化して、大学の授業の大半は、オンライン化するのではないか。 

減税 仁徳天皇

2020 年 3 月 15 日 日曜日

民のかまどである。いまの小学生教科書には載っていないかもしれないが、有名な話である。

民が苦しんでいるときは、減税である。

民への税金は、消費税である。コロナショックで苦しんでいる民には消費税ゼロである。

天皇誕生日 

2020 年 2 月 23 日 日曜日

まことにおめでとうございます。 国家の日、ナショナルデイです。

祝日の筆頭です。世界的に、イギリスは女王陛下の誕生日、日本は天皇陛下の誕生日、アメリカは独立記念日、フランスは革命記念日、中国は国慶節が、ナショナルデイである。

心静かにお祝いいたします。

建国記念日

2020 年 2 月 11 日 火曜日

今日は、建国記念日でおめでとうございます。

いわゆる、紀元節です。

神武天皇が即位したのが、約2600年前の、1月1日、旧暦の1月1日なので、新暦に直すと、2月11日である。

古事記、日本書紀から読み解得て、明治に制定されたわけだが、古代国家なので、よくぞ、ここまで、伝えてくれたと思う。

古事記を大事にしたい。

歴史と科学 ニュースに騙されない!

2020 年 2 月 3 日 月曜日

フェイクニュースがはびこっている。 誰かが悪いとは言わない。

中世の天動説、地動説も、大真面目に考えていた。

地動説が出た時は、なんと、裁判までされて、死刑になった人もいる。

騙されないためには、勉強するしかない。 歴史と科学である。

キーワードは、 地球の温度、10億年前、1億年前、1000万年前、100万年前、1万年前のグラフを見ることだ。 ついでに、生命誕生からのCO2濃度の変遷も参考になる。 氷河期の歴史もおもしろい。

歴史は、元高校教師の茂木誠氏の世界史、日本史を読めば、だいたい理解できる。

台湾独立

2020 年 2 月 2 日 日曜日

いま、台湾は独立しようとしている。

中華人民共和国からではない。 中華民国からである。

孫文、蒋介石の中華民国である。

国共内戦でやぶれた国民党が、日本が放棄して空白になった台湾に、逃げてきた。

そして、台湾を中華民国亡命政府にしたのである。 その国民党子孫が台湾国民の12%である。

蔡英文総統は、いま、その中華民国から台湾は独立して、台湾共和国を作ろうとしている。 そして、呼び掛ける。

国民党子孫の皆さんも、大陸の共産党より、いまの、民主的な台湾のほうが、いいのではないですか?

昭和憲法 無効説

2020 年 1 月 30 日 木曜日

日本国憲法は、終戦後、米軍占領下で、明治に発布された、大日本帝国憲法を改正する手続きのもと、国会で制定された。

国会で議決され、制定されたので、正当な憲法だとされているが、とんでもない。

他国の軍隊占領下で、制定された憲法が、日本国民の意思であるわけがない。

実際に、占領軍の女性事務官から、憲法改正しなければ、また、ピカドンよ! と脅されたのである。

戦後、ピカドンと言った本人かどうかわからないが、メディアが、憲法草案にかかわった、米国女性事務官にインタビューしたところ、「え、まだ、あの憲法を使っているのですか?」 と驚かれたということだ。

アメリカ側とすれば、どうせ、すきなように改定するだろうと思っていたのである。

選択的夫婦別姓

2020 年 1 月 29 日 水曜日

姓を変えたくないから、結婚したくない。

うまい断り方ですね。

男も反論できません。 試しに、では、俺が婿養子になると言ってはどうだろう。

たぶん、 あなたの親に申し訳ないと言って断られるだろう。 ようは、結婚したくないのである。

いまは、 公務員でも、結婚後も、旧姓、使用可なのである。 旧姓をミドルネームに入れる人もいる。 なんとでも、実際上の不便は解消されている。

夫婦別姓を主張する、おおもとは、左翼が、国、社会を破壊して、共産主義的な混乱をおこしたいだけである。

英王室 王位継承者

2020 年 1 月 27 日 月曜日

王族は、勅令で、その都度、適度な人数、数十人にしているが、王継承者は、女性やその子孫でも継承権があるため、なんと、7000人以上いる。

2013年の法改正で、長男相続から長子相続に変わったからで、これは、参考事例になる。

お国柄で、日本の皇室の伝統である、宮家が、よく考えられた制度であると思う。

夫婦別姓 

2020 年 1 月 26 日 日曜日

民法、家族法で、夫婦は同じ姓になることになっている。

女性の社会進出により、結婚後も、旧姓を使いたいという要望があり、いまでは、公務員でも、旧姓を使ってよいことになっている。免許証にも、旧姓を追記してよいことになったらしい。

これで、仕事上の不利益はなくなった。

夫婦別姓の国は、出生率が高いかと思っている人は、予想外に驚くだろう。

香港、シンガポール、韓国、中国は、夫婦別姓だが、出生率は日本より低い。

そもそも、夫婦別姓とは、奥さんは結婚しても、家族とは認めず、同姓を許さなかったのである。 墓にも入れなかった。 かえって、夫婦別姓とは怖い制度である。