世界人口 毎年6000万人増

日本は、少子高齢化で、人口減であるが、世界人口は毎年6000万人増である。

食料、医療、住居環境が、発達したために、飢えている人はいない。

貧困や、飢餓があるが、それは、食料生産の問題ではなく、政治的な対立のために、流通がよくないためである。

しかしながら、このまま、増え続けると、いずれ、食糧難になり、大量難民、紛争がたえなくなるのではないか? という心配がある。

すでに、難民、紛争は起きている。 シリア、イラク、ミャンマー、などなどである。

日本も、紛争の火種は抱えている。 北方領土、竹島、尖閣である。 

沖縄、対馬も狙われている。 日本ができることは、とにかく、備えることである。

海上警察力、軍備、外交、そして、経済力である。 教育も大事である。 

建国物語、幕末明治維新後の、近代化の歴史、重要である。

コメントは受け付けていません。