福島原発裁判

東電の被告は無罪になった。 地震・津波の予見ができたかどうかが争点だが、予見はできないのである。 確かに、予想する人はいたが、そこまで、予知はできないのである。

電力会社として、 まさかの備えはしなければならない。 そのため、非常時の4種の電源を用意していた。 安全のために、それらを、それぞれ、離れた場所に設置しなければいけないのに、地下に、一緒に置いておいたのである。 そのため、浸水して、すべて不能になってしまった。

なぜ、 離れて設置されていた電源を、まとめておいてしまったのか? 経費節減である。

東電の罪は、電源を当初の設計どおりに設置せず、浸水させてしまったことである。

そして、それを、事故が起きるまで、隠蔽して、放置したことである。

東電を監視する、元、原子力管理委員会の委員も、そこは率直に、見抜けなかったと謝っている。

コメントは受け付けていません。