虐待死 お巡りさん

子供の虐待死があとを絶たない。児童相談所では無理である。できないこともないだろうが、県内、くまなく、虐待家庭を監視することはできない。

ここは、交番のお巡りさんに任せるしかない。

児相の虐待情報は、全件、警察に通報する必要がある。

警察は、最寄りの交番から、毎日、虐待家庭を訪問するのである。虐待家庭へのけん制にもなる。訪問して、子供の元気な姿を視認するだけでいいのである。

ところが、警察に全件、情報を共有することを拒否している、自治体がある。 

ことは、すでに、迫っているのである。理屈を述べずに、ただちに、警察のお巡りさんを活用してほしい。

コメントは受け付けていません。