イエメン内戦

サウジアラビアの石油施設が攻撃された背景には、イエメン内戦がある。

イエメンは、政府と反政府(フーシ派)で内戦をしている。

政府は、スンニ派で、サウジアラビアが支援している。

反政府は、シーア派で、イランが支援している。

サウジアラビアは、反政府(フーシ派)を直接、空爆している。

今回の石油施設攻撃は、その反撃とみえる。

イランは、フーシ派に、巡航ミサイルを供与している。

直接、イランから発射したか、イエメンのフーシ派拠点から発射したかはわからない。

コメントは受け付けていません。