CO₂ 出さないといけない。

二酸化炭素が足らない。 かつて、地球上には、 二酸化炭素があふれていた。

その二酸化炭素を使って、植物は、光合成をして、酸素を出していたのである。その酸素があって、初めて、動物が生きていけるのである。

このままいくと、地球上から二酸化炭素、酸素不足で、生物が死に絶える。

二酸化炭素はどこにあるのか?

石油の中にある。 石油はかつての生物の死骸なのである。

石油は、理論的には、あと、地球上に、600万年分ある。

現在の技術で、取り出せるのは、4000年分である。

コメントは受け付けていません。