若者に被選挙権を!

投票は18歳からできるようになったが、選挙に出るのは25歳、参議院は30歳からである。

一方、村会議員、町議会議員は、成り手がなくて困っている。

20歳から25歳の若者に選挙を解放したらいい。 実際に、N国党が、22歳で選挙に出て、裁判をしている。

就職すると、なかなか、退職はできない。自由な発想で、東京の大学生が、地方の議員に、選挙に出て、当選したら、移住するというのは、地方再生に切り札になるのではなかろうか?

当然、3か月、村に住んだ実績云々は、なしにしないといけない。

コメントは受け付けていません。