終戦の日

8月15日、日本がポツダム宣言を受託して、米軍に降伏した日である。

この日は、戦争でなくなった兵士への慰霊の日でもある。

日本のために、亡くなった兵士は靖国神社で眠っている。

彼ら、英霊は、未来永劫、子々孫々が、慰霊していくのが、約束である。

彼らは、靖国で会おうと死んでいった。

国民の象徴である、天皇陛下も、春秋の例大祭には勅使を使わす。

コメントは受け付けていません。