イラン 大使館員退避

アメリカの対イラン紛争準備段階が、上がってきた。

隣国、イラクの大使館員を退避させたのである。

イランは、革命防衛隊を各地に派遣して、実際に、イスラエルにミサイルを撃ち込んでいる。

アメリカも、空母を中東に派遣した。

地上軍12万人まで、派遣できると言っているが、アフガンやイラクの愚は犯さないだろう。

空爆が主体となる。イランも経済制裁が効いてきて、青色吐息である。そのうえ、空爆が始まったら、いよいよ、政権が転覆しかねない。

コメントは受け付けていません。