天下り 社外取締役

これは、天下りではない。企業も、身内だけで、経営していては、不透明な運営になるので、世界的に社外取締役が普通になってきた。

企業としても、それなりの人脈、見識を持っている人に来てもらいたい。

各省庁が、天下り斡旋や、補助金企業に社外取締役を当てはめることはできないが、OBのネットワークで紹介することは可能である。世間は意外に、狭いのである。

月に1回、会合にでるだけで、だいたい、年俸1千万が相場である。数社、掛け持ちが可能であるから、週1回、どこかの会議に出て、年俸数千万ということになる。

不必要な天下り団体を作って、毎年予算、数十億円、とってくるより、より健全な社会構造になってきたようだ。

コメントは受け付けていません。