日本敗戦革命

恐ろしいことに、1950.2.18 ソ連代表部が、日本共産党コミンテルンへ、武力革命指示が出した。

朝鮮戦争の、後方基地、在日米軍を混乱させるためである。

朝鮮戦争の目的は、北朝鮮が、韓国を併合するだけではなく、朝鮮統一後、日本を侵略、赤化するためだった。

当時、東欧はソ連に、チベット、ウイグルは中共に赤化されていた。

なぜ、敗戦革命は起きなかったか?

さすがに、マッカーサーも気づいて、警察予備隊を作って、マスコミ、教育界に入り込んでいた共産主義者を追放したからである。もうひとつ、特筆すべきことは、社会党が、革命に反対したからである。当時の社会党には、貧民、弱者を救済する気持ちはあったが、国家防衛に関しては、売国奴ではなかったのである。

コメントは受け付けていません。