移民問題

英国のEU離脱問題も、トランプ大統領の誕生も、根っこは、移民問題である。

日本でも、技能実習生や留学生バイトも、移民問題が根っこである。

外国人労働者を受け入れたい産業界と、移民問題を懸念する政府との折衷案が、技能実習生や、名ばかりの留学生であった。

移民問題は、受入数の問題である。例えば、10万人の市に、100人の外国人は、町の活性化につながるかもしれないが、1万人の外国人がいれば、文化的軋轢、治安問題が発生するのである。

今回は、入国管理法が改正され、入国管理庁も設置されたので、外国人数と国境管理の問題は整理されていくだろう。

移民の問題は、いい、悪いではなく、数の問題である。

コメントは受け付けていません。