沖縄独立の危機

沖縄独立計画が進んでいる。

武力侵略はない。中国軍は弱いので、強い米軍、日本軍がいる沖縄に武力では上陸しない。

謀略戦である。

辺野古基地県民投票で、沖縄の民意は分断された。

琉球民族独立学会もできた。

反日弁護士、反日市民団体が、独立運動を起こすのである。中国、北朝鮮工作員も加わる。

臨時琉球政府ができた場合、自衛隊は安易に、攻撃、逮捕できない。

中国、北朝鮮は、臨時政府を直ちに承認するだろう。

中国軍は、臨時政府の要請に応じて、沖縄に大手を振って、上陸する。

そのあとは、沖縄のチベット化である。独立反対派の虐殺が始まる。

コメントは受け付けていません。