韓国への対抗措置

日本企業の資産差し押さえは、国際条約違反である。

国際間で、条約違反をした相手国へは、対抗措置が認められている。

関税引き上げ、入国ビザの禁止など、政府は100通りぐらいの案を考えている。

関税引き上げや輸出禁止は、日本企業や消費者も被害を受けるので、比較的、日本側に被害がでない方策が望ましい。

一番、日本側に被害がでないのは、外為法による措置である。

端的に言えば、資本の引き上げである。韓国に投資、出資している外資を引き上げるのである。

これは、国際法違反に対して、よく使う手なので、すぐにできる。

コメントは受け付けていません。