消費税 リーマンショック級

消費税は、リーマンショック級の要因があれば、凍結される。

その判断は、4月から5月であるが、米中紛争における中国経済の落ち込みである。

もちろん、経済は低迷しても、夏の参議院選挙で勝てると判断すれば、消費税凍結はしないだろうが、経済が落ち込んだ政権はかならず、引き釣り降ろされる宿命である。

中国の統計は信用できない。日本の勤労統計も0.3%の誤差があったが、中国は悪質で、平気で5%ぐらい盛る。

GDPが、+6%だと下方修正して見せたが、実質はマイナスかゼロだろう。

中国の統計は、すべて、盛っているが、貿易統計だけは、盛れない。海外の相手国があるので、ウソがばれるからだ。

それによると、中国の輸入が落ち込んでいる。消費が落ちているのである。

G20でも、中国はどうなる? どうする? が議論になる。

 

 

コメントは受け付けていません。