大学の無償化

無償化ではない、税金化である。するどい指摘である。

私も、昔は無償化がよいと思っていたが、最近は 低額化 が良いと思っている。

学費無料とすると、高卒で働いている人にとっては、なぜ、俺たちの税金で、あいつらは大学で遊んでいるのだ? という気持ちになるらしい。一生懸命、苦学している人もいるが、多くの学生は、大学生活を謳歌している。

月1万円、年額10万円が妥当な額である。2か月分少ないようだが、夏休み、冬休み、春休みの分は無料である。

月1万円では、結局、税金化であるが、基本的には教育国債、大学への寄付金100%税額控除、など、対応の仕方はいろいろある。寄付金控除は、なぜか、文科省が反対している!?

すべての学生とはいかないが、少なくても、国家資格をとるためには、特定の学部を出ていないと受験できない制度を考えれば、医学部、薬学部、獣医学部、歯学部、は、低額化するべきだろう。

コメントは受け付けていません。