米露協調時代

2019年、アメリカの世界戦略は、米中対決、米露協調である。

米露協調はわかりにくいかもしれない。 かつては、米ソで世界の覇権争いをしていた。

軍拡競争にまけて、ソ連が崩壊する。

ロシアは、ソ連の核を引き継ぎ、軍事力世界No.2 であるが、現状の世界秩序を変えようとは思っていない。

アメリカの覇権には挑戦しようとはせず、あくまでも、ロシアの領土を守れば、それでよいのである。

アメリカから見れば、アメリカの覇権に挑戦してくるのは中国である。西太平洋をよこせと言っている。

アメリカは、中国を叩き潰すことにしたのである。ロシアとは協調である。

実際に、IS討伐では、棲み分けて、お互いに、武力衝突を避けている。空爆をするときは、事前に知らせているのである。

ロシアは米中戦争のときは、中立を守る。どちらかと言えば、アメリカサイドに立つ。その見返りは、クリミア、ウクライナの紛争を大目に見てもらい、できたら、経済制裁を解いてもらいたい。

コメントは受け付けていません。