朝鮮半島出身労働者 差し押さえ

いわゆる、徴用工裁判、差し押さえである。

日韓基本条約違反である。韓国側は、例外だと言っているが、どこからみても、違反である。

労働者は、基本的に韓国政府に提訴するべきだった。別段、提訴してはいけないわけではない。提訴する相手は、韓国政府ですよというのが、国際間の取り決めである。

差し押さえ機関も、条約に従わなければいけない。例外というなら、第三者による仲裁である。アメリカになるだろう。

コメントは受け付けていません。