国際捕鯨委員会 脱退

やっと、脱退してくれました。前々から、議論にならないので、水産庁は脱退したかったのですが、外務省が、国際的な非難を恐れて、脱退を反対してきた。

さすがに、情報が広く、すばやく、伝わるようになり、捕鯨委員会、外部で、捕鯨反対テロを繰り広げるシーシェパードの、実態がわかってきたので、今回の脱退につながった。

捕鯨反対テロを繰り広げる、シーシェパードの本部はオーストラリアにあるが、資金援助は、チャイニーズ系である。

豪州は、牛肉輸出が盛んで、日本人が鯨肉を食するのを好まない。そもそも、アメリカ人も、さんざん、鯨油をとるために、クジラを獲って、鯨油以外は海に捨てていたのである。なんて、命を粗末にしてきたことか?!

ペリーは、捕鯨船の補給基地が欲しくて、江戸幕府を開国させたのではなかったか?

石油が出てきて、鯨油がいらなくなったから、クジラを獲るなというのは、鯨肉を食べる文化、民族をないがしろにしている。自分勝手である。他民族の食文化に口を出してはいけない。基本的な国際ルールである。

コメントは受け付けていません。