年金改革

日本はいまのところ、年金支給に問題はない。

年金破錠するという恐れもあったが、平均寿命が延びるにしたがって、支給開始年齢をあげていけば、制度は破綻しない。

年金は、長生き保険なのである。働けない年齢以上に長生きした場合に、保険金がお手当がでるのである。

いまは、65歳だが、寿命が延びれば70歳になる。寿命が延びれば、働ける年齢もあがるので問題はない。

年金制度は、将来入る年金保険料と将来出る年金支給額が、ほぼ一致していれば、制度的には問題はない。

日本は、ほぼバランスが取れている。危ないのは、ロシアである。

共産主義のなごりで、現役時代の8割支給している。これでは破錠する。

コメントは受け付けていません。