総裁選 改憲案

明治維新以来、憲法が改正されたことがない。

世界中の国々で、憲法は、不都合があれば、改正されている。

これはなぜか? 明治憲法が、十分に、調査・研究されたうえでの、欽定憲法であるから、改定の必要がなかった。

昭和の敗戦で、一気に、やっつけ仕事で、昭和憲法を制定したので、その後の不備は、解釈で乗り切ってきた。

解釈をそのまま、改定案に盛り込めば、問題はないはずだが、国会の発議はできても、国民投票は怪しげである。

国民投票に国民は慣れていないのである。

コメントは受け付けていません。