靖国神社

天皇が英霊を祀る社である。

幕末、薩長の西軍と幕府の東軍が、争い、西軍が勝った。関ケ原の遺恨を晴らしたのである。

薩長、幕府ともに、世界情勢を見ていたのだが、幕府では、物価が上がり、庶民が苦しんだ。

錦の御旗を担いだ、薩長が明治政府を作った。

明治天皇が、官軍の英霊を祀ったのが、始まりである。賊軍である会津、明治政府に反旗を翻した西郷隆盛は、祀られていない。

あの「西郷隆盛」でも、祀られていないのである。一方、東京裁判で、A級戦犯にされた英霊は祀られている。

あくまでも、戦後は、靖国神社は、民間の宗教法人である。祀る英霊は、靖国神社が決める。

現在の、国家防衛の任務を果たしている自衛官の英霊はどこに祀られるのだろう?

コメントは受け付けていません。