スパイ容疑

海外では気を付けなければならない。

空港で、自分が乗る飛行機を撮っているつもりでも、その空港が、軍民共有飛行場であれば、視野のはずれに、戦闘機がいたりする。

写真を撮れば、十分に、スパイ容疑である。

日本は、OKであるが、それは、世界の常識ではない。

コメントは受け付けていません。