日本 イラン訪問

日本が、外交力を発揮している。 もちろん、首脳外交である。

中東で、中東各国、イスラエル、アラブ、イラン、どこの国にも、中立的に話ができる大国は、日本だけである。

いま、トランプ政権は、中東問題には、本気である。北朝鮮は、軽い問題とは言わないが、中東問題は深刻である。

まず、イスラエル批判を繰り返す、国連人権理事会を離脱したのは、その意思が鮮明である。

ここで、日本がイランを訪問するのは、なにかアメリカに頼まれた気がする。北朝鮮拉致問題では、日本がトランプに頼んだのである。 当然、日本はイラン問題に尽力しなくてはいけない。

コメントは受け付けていません。