戦争の時代

日本はこの70年、たまたま、恵まれて平和であったが、世界は戦争が続いていた。

日本も明治維新後、日清戦争、日露戦争、そして日米戦争で敗戦を経験し、いまの平和がある。

米国は、日本に勝ったものの、共産主義との戦いを余儀なくされ、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争を戦った。冷戦を経て、ソ連が崩壊したのも、つかの間、イスラムとの戦いになり、イラク、アフガンと戦い続けている。中東、中央アジアは混とんとして、いまだに先行きが見えない。

日本の平和主義は、米国の庇護、連合国の思惑の産物とはいえ、それなりに意味があった、恩恵を受けてきた。

いいかげんに、自由主義、資本主義圏の大国としてそれなりの役割を果たしてくれというのが、米国の本音だろう。

コメントは受け付けていません。