2019 年 3 月 のアーカイブ

大東亜戦争 

2019 年 3 月 31 日 日曜日

やるべきではなかった。いまさらながらではあるが。

イギリス、フランス、オランダ、アメリカに侵略されたアジアの解放、

白人の有色人種に対する人種差別撤廃、

大東亜戦争の目的はりっぱだが、大日本帝国の存亡をかけてまで、戦う必要と時期、環境が整っていただろうか?

大東亜戦争をやらずにはおれないところまで、追い詰められていったという見方もあるが、

大東亜戦争はやらずにも、しのげたのではなかろうか?

 

日本 近代民主主義

2019 年 3 月 30 日 土曜日

日本は、古来、君臣一体の民主主義であったが、民主主義というより、祖先を同じくする家族主義といったほうがいいかもしれない。

近代民主主義は、明治の帝国議会から始まる。明治維新は、鎌倉、室町、戦国、江戸と続く、武家政治を終わらせ、西欧の近代化にならうことであった。

中央集権化、武士の廃止、国会の開設と続くわけであるが、大名の合議なら、まだ、幕藩体制から移行しやすいが、西欧の国会を目指すには、まだ、平民は眠っていた。

明治天皇の肝入りである。徳川を倒した、薩長だけでは、心もとなかったのであろう。

「ひろく万民の声を聴け」と維新政府に注文をつけたのである。

これは、西欧の貴族、平民、双方の意見を聞いた議会が参考になった。

いきなり、国会は開けないので、まず、憲法、そして、帝国議会となる。

 

君が代

2019 年 3 月 29 日 金曜日

まさしく、国歌である。

文科省の指導要綱で、「すべての学年で、国歌斉唱をできるように指導すること。」とある。

生徒はいざしらず、教師は、歌えなければいけない。

中には、いろいろな、思想、理念で、歌いたくない教員もいるかもしれない。

懲罰の対象である。そもそも、教職を選ぶ必要がない。

ちなみに、君が代は、長寿を願う歌である。国家の象徴である、天皇陛下の御代がいつまでも続くように祝う、願う歌である。けっして、戦争賛歌の歌ではない。

いじめ 対応

2019 年 3 月 28 日 木曜日

いじめはなくならない。というより、幼稚園、小学校、中学校という教育課程において、いじめないように、いじめられないように、いじめを看過しないように、教えていかなければ教育の意味がない。ひとつの徳目なのである。

いま、問題になっている広島の中学校でのいじめ放置事件である。

被害生徒が、学生服、シャツをやぶられた時点で、学校は、加害者父兄に連絡して、謝罪、賠償をさせなければならない。当然、加害者生徒も謝罪である。

もし、文句を言うようなら、警察の少年係に通報である。それ以上は学校の対応外である。

ここまでで、だいたいのいじめはエスカレートしない。親がきつく説教するはずである。

ちなみに、まともな学校はこれをやっている。まともな親は、謝罪、賠償するものである。

広島 いじめ放置

2019 年 3 月 27 日 水曜日

いじめ、いじめ放置は犯罪ですね。

いじめ加害者生徒は謝罪、補導、保護者は謝罪、損害賠償、担当教師は懲戒処分、教頭は降格、校長は懲戒免職ですね。一罰百戒です。

 

https://mainichi.jp/articles/20190325/k00/00m/040/362000c

幸福度 世界ランク

2019 年 3 月 26 日 火曜日

指標が明らかでないので、意味がない。そもそも、文化は幸福度を比較できない。

皆、ふるさとが一番いいのである。

比較できるものは、一人当たりのGDP、これは、明確に比較できる。そして、失業率。

職がなければ、何も始まらない。

一人当たりのGDPが、一万ドルに到達すると、ある壁がある。

経済が自由化しないと、それ以上に、経済が伸びないのである。

政治に自由がなければ、経済は自由にならない。

したがって、共産主義は自由がないので、一人当たり1万ドルの壁は超えられない。

海洋汚染 プラごみ

2019 年 3 月 25 日 月曜日

プラごみが、海洋に流される。

日本国内ではとても考えられないのだが、東京都が慌てている。

プラごみを出さないようにしようという運動である。

まったく、頓珍漢である。東京湾にやってくるプラごみは、中国や韓国から流れてくるのである。

日本国内は、しっかり燃やしている。

なぜ、中国や韓国は、プラごみを燃やさずに、海洋投棄するのだろうか?

第4次産業革命

2019 年 3 月 24 日 日曜日

5Gである。情報量、情報速度が1000倍、1万倍になる。

革命と言っていい。さらに、6Gもあるだろうが、すると、自動運転、翻訳機、AI、などなど、信じられない世界がやってくる。

たとえば、外国語の勉強が不要になる。

いまでも、スマホで、翻訳して、工場の外国人に指示を出したりしているが、5G, 6Gの時代には、話す言葉が、リアルタイムで、相手に伝わる。聞くほうも、リアルタイムでわかるようになる。

外国語の勉強は不要になる。100か国語、ペラペラになるのである。

台湾統一 独立 併合

2019 年 3 月 23 日 土曜日

中国、習近平政権は、台湾を併合しようとしている。

彼らの言葉では、台湾統一である。台湾の独立を阻止するという言い方もする。

何か、違和感がないだろうか?

台湾は、台湾で、主権国家である。もともと、シナ大陸で、戦前は、日本と戦った政権であった、国民党が、共産党との覇権争いに敗れて、台湾に逃れてきた。

その当時、台湾は、日本は敗戦で、領有を放棄したのである。

明治時代、沖縄島民が、台湾に漂流したとき、台湾住民に虐殺されたので、明治政府が、懲罰に行ったのである。その際には、シナの政権、清王朝に、台湾の住民が、日本人を虐殺したので、制裁してくれと言ったら、「化外の土地なので、清王朝は関与しない。」という返答だったのである。明治政府は、治安維持のために、台湾を領有したのである。

さて、いまの台湾である。国民党が大陸から逃れてきて、政権を打ち立てたので中華民国を名乗っている。そして、シナ大陸の領有を主張してやまない。名目上だとはいえ、北京政府も、台湾の主張は認められないし、台湾も中国だと主張しなければいけなくなる。

もともと、化外の土地として、興味を示さなかったが、いまは、海洋進出の拠点として、核心的利益として、台湾を併合しようとしている。

台湾は、大陸への未練を捨て、国名も、台湾国として、アメリカ、日本との同盟を深めて、防衛していくしかない。

朝鮮学校無償化 敗訴

2019 年 3 月 22 日 金曜日

高校無償化の流れで、朝鮮学校は無償化から外された。

朝鮮学校では、朝鮮の主体思想を学び、反日教育をしているのみならず、無償化による補助金が、朝鮮に送られ、核ミサイルの部品に使われる可能性があるからである。

昔の、朝鮮信用金庫や朝鮮学校の人事は、朝鮮総連から送られてくる。一体化しているのである。

反日教育とは反日テロにつながる。