2019 年 2 月 のアーカイブ

アメリカ 非常事態宣言

2019 年 2 月 19 日 火曜日

本当に、大変なことになっている。アメリカとメキシコの国境である。

マフィアが、麻薬、不法入国者を大量に、メキシコから送ってくるのである。

機関銃、ロケット砲で武装している。とても、国境警備隊では、応戦しきれず、軍隊も出動している。

壁建設予算で、民主党は、難色を示しているが、軍隊を派遣しているほうが経費がかかるのである。

しかも、麻薬、不法入国者が、アメリカ国内に、流入することによる、治安対策費は別払いである。

リベラル、人権などと、体裁がいいことを言っているが、単なるお花畑の無責任である。

ロシア 渡航ビザ撤廃

2019 年 2 月 18 日 月曜日

日露平和条約が進んでいる。北方領土交渉が難航しているかと思いきや、渡航ビザ撤廃が、協議され始めた。

平和条約の雰囲気は出ている。

いろいろ、お互い、言うことはあるだろうけど、70年以上、解決しなかったので、えいや、と、半分の2島返還で手打ちにすれば、とりあえず、よし、だろう。

トルコ ウイグル収容所閉鎖要求

2019 年 2 月 17 日 日曜日

トルコが、同じイスラム教の民族、ウイグルにおける、中国の残虐非道なウイグル収容所を閉鎖するように北京政府に要求した。

トルコは、人道上、大きな恥であると非難している。

いいかげん、21世紀に、民族弾圧はできないと中国は気づかねばいけない。

トルコも、民族問題を抱えているが、民族浄化を目的とする収容所までは作っていない。

トルコは米中戦争時代に、アメリカにつくことに決めたようだ。

アイヌ利権

2019 年 2 月 16 日 土曜日

アイヌを騙る反日左翼がいる。

アイヌ利権は120億円である。日本人はいろいろである。

日本列島は、南北に長く、気候もいろいろなので、習俗もいろいろである。

方言もかなり、広く、幕末の志士たちも、花魁言葉で、話していたそうだ。

明治になって、尋常小学校が全国に開校され、やっと、日本の標準語が確立された。

アイヌの人たちも、東北の人たちも、沖縄の人たちも、いまは、日本語を話す。

アイヌ文化、東北文化、沖縄文化も、同列である。

日本語を話し、天皇陛下を敬う気持ちがあれば、みな、日本人なのである。

言語道断 天皇謝罪発言

2019 年 2 月 15 日 金曜日

韓国がまた、挑発してきた。

韓国、文国会議長が、慰安婦問題解決のために、戦犯の息子、天皇が謝罪しろと言ってきた。

これは、国家元首への侮辱である。国際的にも許されない。ありえないことである。

場合によっては、戦争理由になる。

北朝鮮が、従北勢力を使って、日韓を分断しているという意味もあるが、それはそれとして、看過できない。

発言、撤回、謝罪、を日本政府は文議長に要求しているが、聞き入れないだろう。目的は、挑発なのである。

日本は、粛々と、痛みを伴う報復をしなければ、挑発を抑止できない。

まず、大使召還、ビザなし渡航の禁止、特別在留許可取り消しである。

特に、反日活動家が、沖縄に容易に入り込んでいる現状を改善するためにも、ビザなし渡航は早急に禁止する必要がある。この際、旅行者が減るなどと呑気なことを言っている場合ではない。

3月下旬 リーマンショック級

2019 年 2 月 14 日 木曜日

3月下旬から4月上旬にかけて、リーマンショック級の大事件が控えている。

英国の合意なきEU離脱、そして、対中貿易制裁である。

どちらも、GDP10%以上の下落である。

なんとか、軟着陸させようと、関係者は必死で動いているが、どうなるかわからない。

米朝首脳会議 ヴェトナム

2019 年 2 月 13 日 水曜日

今月下旬にヴェトナムで、第2回米朝首脳会談が予定されている。

会談直後に、中国の習近平氏も、ハノイに行くという。

トランプ大統領に、経済制裁をお願いするためである。

習近平氏の動きは未定である。あくまでも、うわさに過ぎない。

それぐらい、中国としては、経済がひっ迫しているということである。

北朝鮮は、中国や、韓国から、経済制裁破りの密輸を受けているので、意外に、なんとか、国連の経済制裁中であるが、しのげている。アメリカがいかに、経済制裁しようとも、核は手放さないだろう。

アメリカも、いまは、長距離ミサイルさえ、開発しなければ、なあなあで済ませる。

本命は、あくまでも、対中制裁である。

 

ナムコ 北大西洋海産哺乳動物委員会

2019 年 2 月 11 日 月曜日

日本は、IWCを脱退したが、捕鯨国4か国で構成するナムコ、北大西洋海産哺乳動物委員会と提携する。

これはいいことだ。資源管理を科学的に推進するためには、孤立はいけない。

クジラを食べない、牛肉を食べる白人国家が、クジラを食べる有色人種国家を攻撃するのは、政治的、利権をむさぼる環境テロ団体の仕掛けである。

寒波襲来 

2019 年 2 月 11 日 月曜日

日本列島は暖かいのに、北米は寒波襲来で、マイナス20度~40度である。

これらは、地球温暖化でも寒冷化でもない。

温度は、高くなるときは、せいぜい、2度~3度ぐらいであるが、低くなる時は、一挙に20度、30度と冷えていく。高くなる時は、水蒸気が発生するなど、温度を低くする要因が生まれるからである。低くするときは、阻害要因がない。寒波がくると一挙に下がるのである。

地球上でよく起きている、ゆらぎ、である。

ちなみに、地球温暖化は、氷河期の寒冷時代における、小春日和みたいなものである。

科学的反証 原発 温暖化 タバコ

2019 年 2 月 10 日 日曜日

自由な議論が科学を進歩させる。

原発、温暖化、タバコの有害性、に異論を述べようとすると、学会から外される。

政府からも、研究予算が下りない。

これでは、学問ではない。学問の政治化である。