2017 年 9 月 のアーカイブ

天然ガス発電

2017 年 9 月 30 日 土曜日

すでに、アメリカは舵を切っている。

原発から天然ガス発電である。

原発ゼロの中身は、「天然ガス発電」である。

世界は、原発利権派と天然ガス利権派で水面下の戦いがある。

原発はすでに、コストでは天然ガスに負けている。

石炭発電は大気汚染がある。天然ガスは、無尽蔵に出ている。ロシア、イラン、オマーンである。

消費税凍結

2017 年 9 月 29 日 金曜日

2年先の話なので、あまり、先走ったことはできないが、「凍結」が本筋だろう。

教育は、将来への投資なので、教育国債がいい。

社会保障は、保険制度の見直しで、根本的な解決が望まれる。

財政的な話は、バランスシートはさほど悪くない。とんとんだろう。

消費税増税で、わざわざ、景気を下げる理由はないのである。

希望の党

2017 年 9 月 28 日 木曜日

まだ、よくわかりませんが、「原発ゼロ」を謳っています。

これはいい。 保守政党で、「原発ゼロ」が言える政党ができたということです。

保守でも革新でも、自由でも民主でも、「原発ゼロ」がしっかり見据えることができるのが、知性を感じます。

消費税凍結、これもいい。経済がわかっているということです。

安全保障は、どこの政党でも、同じでしょう。 日米同盟が基軸なのはかわりがない。
国内テロを起こさせない。尖閣を取られない。ここまでは、誰もが同意できるでしょう。

北朝鮮対応 公約

2017 年 9 月 27 日 水曜日

北朝鮮には、国連決議どおり、圧力でいくことになる。

よもや、対話路線でいく野党はあるまい。

いままで、対話路線で、拉致問題が解決していないのである。

拉致には、救出作戦。

ミサイルには、ミサイル基地破壊である。

消費税 公約

2017 年 9 月 26 日 火曜日

安倍首相は、消費税増税を公約にすると明言した。

増税は既定路線だが、凍結してきた。

今回は、増税の中身を借金返済ではなく、教育・福祉に充てるという。同じことだ。お金に名前はないのである。

税の話と、使い道の話を一緒にしてはいけない。

自民、公明、民進は、消費税増税である。 野党が消費税増税なのだから、争点にはならない。

ここで、注目は、小池新党の「希望の党」である。 東京がおもな選挙区だろうが、「消費税凍結」を掲げたら、

はっきりした対立軸になる。

太平洋 水爆実験

2017 年 9 月 25 日 月曜日

トランプ演説への返礼だと思うが、なんとも、大変なことをするつもりらしい。

太平洋での水爆実験、たぶん、核ミサイルを撃ち込むのだろう。

通告なしである。 漁船は大丈夫だろうか?

はたして、トランプは打たせるだろうか?

日本列島上空を核ミサイルが飛ぶことになる。

ロヒャンギ

2017 年 9 月 24 日 日曜日

ミャンマーの少数民族で、ミャンマー政府から迫害されている。

という報道がなされている。

在日ミャンマー大使は何と説明しているか?

ロヒャンギという民族は、存在しない。隣国、バングラデシュから移住してきたベンガル人である。

ミャンマーには、ベンガル系ミャンマー人も少なからずいるが、差別は受けていない。

いま、難民となっているのは、不法入国者で、中には、武装勢力がいて、テロを仕掛けてくる。

なかなか、いろいろな側面がありそうですね。

ロシア軍事演習

2017 年 9 月 23 日 土曜日

北朝鮮のミサイル発射事件は、欧州諸国はあまり、危機感を感じない。

地球の裏側の出来事であるからだ。

彼らの、一番心配していることは何か?

ロシアの大軍事演習である。噂によると、10万人規模らしい。

イスラム国は、もうじき、ラッカの陥落で終焉する。イラクには、クルド国が誕生するだろう。そうしたら、トランプは朝鮮半島をなんとかする。

ロシアの軍事演習は、どこを狙っているのだろうか? 

ライダハン

2017 年 9 月 22 日 金曜日

ヴェトナム戦争に参戦した韓国軍が、ヴェトナム女性を強姦して、産ませたこともたちのことを、「ライダハン」と呼ぶ。韓国人との混血児という意味だが、なんと、現在、ヴェトナムには、このライダハンが、3~5万人いる。

とんでもない、韓国軍の汚点であるが、このライダハンを報道しようとすると、韓国では、軍人OBが、新聞社や出版社に殴り込みをかけてくるので、韓国国内では、ほとんど知られていない。

なぜか、文政権は、タブーであった、ライダハンを報道して、韓国軍をけん制し始めた。

ちなみに、旧日本軍の占領地では、強姦による混血児問題は起きなかった。韓国特有の問題である。

国連 トランプ演説

2017 年 9 月 21 日 木曜日

すばらしい。 北朝鮮を「13歳の少女を拉致した非道の国家」として糾弾した。

トランプ演説の北朝鮮批難、要点は3点である。

1.13歳少女の拉致
2.6回の核実験
3.ICBM

彼は、アメリカは北朝鮮を木っ端微塵にすると言っている。ただし、軍事力を行使する前に、経済的に圧力を加え、上記の3点を解決させると言っている。

これは、外交の王道である。