2017 年 1 月 のアーカイブ

トランプ 入国禁止 90日

2017 年 1 月 31 日 火曜日

トランプ大統領が活躍しています。

テロ対策として、7か国の入国禁止、90日間です。

その間に、入国審査を厳格化するとしている。

これだけ、テロが蔓延している中では、当然の対応ではないのか?

メディアはなぜか、マイナス面や、抗議デモばかり、報道している。

新聞でも、肝心の「90日間」という文字を小さく、わかりにく場所に載せている。

もし、筆者が、アメリカ人なら、頼もしく思う。

国連 トランプ大統領

2017 年 1 月 30 日 月曜日

トランプ大統領は、既成の組織、制度に不備があれば、指摘する。アメリカが言い出したTPPでさえ、脱退した。

国連も、アメリカの分担金が多すぎると不満があるらしい。

いまでも、アメリカは、分担金を払い込んでいない。

世界的な経済会議は、G7で足りる。軍事的には、米露会談で、足りている。NATOや日米同盟もある。

一方、国連が好きな元大統領もいる。オバマ氏である。

オバマ氏は、理念や理想を語るのが好きなので、国連事務総長で、世界平和を語り掛けたい。

日本の国益

2017 年 1 月 29 日 日曜日

アメリカファーストで、日本は交渉が大変だということはない。

国益第一は、至極、当然のことなのである。わかりやすい。

さて、ここで、日本の国益とは何か? を十分認識することが大事である。

国家百年の計、国際戦略、地政学を駆使して、何が国益かを練っていくのである。

まず、アメリカはトランプ革命によって、大きく、舵を切った。

場合によっては、国連を脱退するかもしれない。戦後秩序を再構築するのが、トランプ革命である。

トランプ 記者会見

2017 年 1 月 28 日 土曜日

トランプ大統領は、ホワイトハウスの記者会見を、50人から400人に増やすらしい。

大変、すばらしい。

ほとんどのメディアが参加できるようになる。

ほとんどのメディアということは、ほとんどの意見を聞くことができるということだ。

これが、みなの衆の国家である。

愛国心 神 トランプ就任演説

2017 年 1 月 27 日 金曜日

民族主義ではない。愛国主義、Patoriotism である。

アメリカ国旗への忠誠である。アメリカ人として団結心である。

これがないと、アメリカは国家として存在できない。

大統領就任において、聖書に宣誓する。大統領より、権威があるのは、聖書である。聖書は神、God を表しているのだろう。

アメリカ国民は神に守られている。You are protected by God.

こころのよりどころは 神 なのである。

大統領は、国家元首である。総理大臣は国家元首ではない。日本の国家元首は天皇陛下である。したがって、陛下が総理を認証する。

戦前の、大日本帝国憲法では、明治天皇が、日本国および、日本民族を安寧に守りますということを、天照の神に誓って定めた、欽定憲法である。

日本の場合は、日本国誕生以前に、神武天皇、天照大神がいるので、憲法はかなり、新しいものである。

17条の憲法も、役人がしっかり、天皇を守って、民を慈しみなさいと言っているので、ごく当たり前の行動規範である。

やはり、共和国と古代国家は違う。

 

アメリカ製品を買え! トランプ就任演説

2017 年 1 月 26 日 木曜日

これは、アメリカ国民に向かって、国内産を買えといったのだ。

Buy Americans, Hire Americans,   アメリカ製品を買って、アメリカ人を雇え。

わかりやすい。 国内にはないものだけを輸入するのだろうか?

実際には、厳格には難しい。部品にしろ、原料にしろ、アメリカ人が作れないもの、安く作れないものがあるのだから。

程度問題なのだが、グローバル経済に対する警告である。

企業の利益ばかりを追うな! ということである。

みなの衆 トランプ就任演説

2017 年 1 月 25 日 水曜日

「国家は国民のものだ。ワシントンから権力を奪って、みなの衆に返した。」

American People に、訴えたのだ。USA は、合州国なのだが、よくぞ、合衆国と訳したものだ。

アメリカは、国民が、戦争はいやだと言えば、戦争はできない。

反対に、アメリカ国民が怒ると、平気で原爆を落とす。

台湾共和国

2017 年 1 月 24 日 火曜日

台湾は、まぎれもなく、独立国である。

中華民国であり、チャイナであるとすると、北京の中華人民共和国と対立する。

大陸の内戦で負けた、過去を捨て、台湾国として、いつか、転換しなければ、国際社会で生きていけない。

台湾の、台湾人は人口の85%である。大陸の内戦で、負けてきた国民党の子孫は15%である。

台湾も本音で生きたほうがよい。

トランプ 景気

2017 年 1 月 23 日 月曜日

アメリカの景気は、間違いなく、しばらく、よくなる。

トランプ政権の政策は、大幅減税、インフラ整備、海軍増強である。

つまり、マネーが、市場に流れて、雇用を生み出すのである。

なんのことはない、日本も、同じ路線を行けば、好景気になる。

消費税減税、インフラ更新、防衛費倍増である。

NAFTA  トランプ流

2017 年 1 月 22 日 日曜日

NAFTAのおかげで、アメリカ国内の雇用が奪われている。

これは、意外と簡単ではない。

メキシコの雇用を増やしているので、不法移民を減らす効果はあるのである。

NAFTAを揺さぶることで、大手メーカーに国内投資を求めているのである。

実際に、ツイッターだけで、自動車メーカー数社は、国内投資を前倒しで表明した。

メーカーもこれで、損をするわけではない。このあと、大幅な減税、タックスヘイブン並みの減税がなされる約束になっているのである。