2016 年 12 月 のアーカイブ

君民共治

2016 年 12 月 31 日 土曜日

大和朝廷が、なぜ、現代まで、2600年もの、長い間、繁栄しているのか?

君民共治だからである。天皇陛下を民族の象徴として、国民が、皆、平等であるからである。

鎌倉時代以後、江戸時代まで、武士政権であったが、武士は、源氏、平氏ともに、天皇の子供が、臣下に下ったのである。

日本は、いわば、「家族主義」なのである。国民全部が家族なのである。

権威は、天皇にある。権力は政権にある。富は国民にある。

 

古代日本

2016 年 12 月 30 日 金曜日

人類は、いまのアフリカ東部から発祥した。約200万年から50万年前の話である。いまの人類は、人種的に単一で、「ホモ・サピエンス」である。昔は、ネアンデルタール人とか、他の人種もいたのだが、淘汰されてしまった。

アフリカで発生したが、20万年ぐらい前に、移動、拡散を始める。

まず、中東にいく。そこから、欧州やアジアに広がっていく。

シナ大陸まで来たのは、10万年ぐらい前だろうか?

昔は、ベーリング海も凍っていたので、アメリカ大陸に渡って、インディアンになった。インディアンはアジア、モンゴル系である。

日本列島には、3万年前から1万年前には、ホモ・サピエンスが来ていたらしい。いわゆる、石器時代から縄文時代である。

2000年前から3000年前に、アマテラスの一族がわたってきた。彼らは、高度な文明を持っていたので、しだいに、周辺部族を従え、大和朝廷をたてた。

その後も、日本列島には、さまざまな渡来人がやってきて、大和朝廷を技術的に支えた。有名なのは、秦氏である。平安京の街づくりも、秦河勝という人が策定したらしい。

当時の帰化の条件は、日本語を話すこと、天皇を尊敬すること、この2つだけである。

 

真珠湾攻撃 慰霊

2016 年 12 月 29 日 木曜日

オバマ大統領のヒロシマ訪問と被爆者慰霊に対する返礼として、今回、安倍首相が、ハワイの真珠湾を訪問し、戦艦アリゾナの戦没者に慰霊した。

オバマ大統領も、安倍首相も、謝罪していない。戦争に罪はないからである。もちろん、民間人を大量虐殺した原爆投下は、国際法違反であった。

しかしながら、戦後、米軍が国際社会から糾弾されていないことから、自国の兵士を守るためなら、都市への原爆投下は国際法違反ではないことになってしまっている。

もちろん、帝国海軍の真珠湾攻撃は、戦艦を標的にしたものであるから、国際法に則った戦闘行為である。実際に、国際社会は、困難な航空機による、真珠湾内攻撃を絶賛している。

ヒロシマ、真珠湾への慰霊は、これからの強固な日米同盟への幕開けである。

新兵器 

2016 年 12 月 28 日 水曜日

軍需産業がもうかるのは、新兵器開発である。

既成の兵器をいくら作ってもたいして儲からない。

核兵器も、ハイテク化で、小型化する。

対抗手段として、核兵器を無力化する兵器も開発している。

無人飛行機、これは、かなり進歩している。

無人潜水艦、これは、トランプ大統領が100艦、新造すると公言している。

アメリカの石油

2016 年 12 月 27 日 火曜日

どんどん、出てきている。北極海の海底油田もいずれ、米ロで掘り出すだろう。

もはや、中東の石油をあてにすることはない。

もともと、かなり前から、アメリカの石油は豊富であったのだが、なぜか、環境規制をかけて、利用させなかった。

つまり、政治的に掘らなかったのである。

トランプ次期大統領は、そんな規制を撤廃すると言っている。

これで、アメリカの中東政策はフリーハンドに近くなる。

アラブの春 混乱

2016 年 12 月 26 日 月曜日

アラブの春は失敗である。混乱をもたらしただけである。

民主化はそれなりに、社会の発展が必要なのである。

外部から、手出しをするとろくなことにならない。

アフリカにしろ、中東にしろ、民主化を強要するのはよくない。

特別法 譲位

2016 年 12 月 25 日 日曜日

特別法で譲位、という流れになってきた。

今上陛下にもっとも、配慮した最善の策だと思われる。

しかしながら、この、「特別法」が政治利用されないだろうか?

手続きは別として、生前譲位の前例を作ってしまう。

明治以前は、この譲位により、政変が幾度となく繰り返されたのである。

その反省から、明治以降、3回、譲位の話が出たが、いずれも、立ち消えになった。慎重論が勝ったのである。

1回目は、大正天皇の晩年、2回目は昭和の終戦時、3回目は昭和天皇の晩年である。

今回も、高齢を理由にして、摂政の宮を立て、その後の議論はゆっくり進めたほうがいいのではなかろうか?

宇宙 サイバー 本屋

2016 年 12 月 24 日 土曜日

現代の冷戦は、すでに始まっている。

宇宙戦、サイバー戦、そして心理戦である。

宇宙戦は、宇宙の人工衛星の空間が戦場である。

サイバー戦は、インターネットである。お互いにハッキングをしている。

ただ単に、PCから情報を取るだけではない。原発を故障させたり、航空機を遠隔操作するのである。

心理戦の戦場は本屋である。やたらに、山積みになっている本は、売れ筋なのであるが、世論誘導の手口になっているときがある。

米軍を批判しながら、尖閣に侵入する中共軍を批判しない評論家は信用しないほうがいい。

 

トランプ 海軍増強

2016 年 12 月 23 日 金曜日

トランプ次期大統領は海軍を増強する。現在の250隻から350隻にする計画だ。

米軍は、トランプ大統領を全面支持している。

財政逼迫のおりであるから、海外基地は撤退し、人員も削減するだろう。

しかし、ハイテク化で、兵力は落ちない。今後100年間は、米軍は変わらず、世界一の軍事力である。

トランプ氏が増強する艦艇100隻も、無人潜水艦である。

アメリカは基本的に海洋国家であるから、海軍を強くする。日本も実は同じ、海洋国家である。海軍を充実させる必要がある。それでも、陸軍がなくなるわけではない。ミサイル部隊は陸軍の取り扱いであろうから、重要である。

沖縄 米軍撤退

2016 年 12 月 22 日 木曜日

沖縄の米軍撤退は、いずれあり得るだろう。そのときは、中共が尖閣に上陸する日である。

沖縄から米軍が撤退しても、それ以上の自衛隊がその空白を埋めなくてはならない。

米軍に頼っていてはいけないのである。

かつての、帝国海軍は西太平洋をすべて、勢力圏に置いていた。

そのとき、日本の経済力は、アメリカの1/20 であった。

いまは、1/2 である。できないはずはない。