2016 年 7 月 のアーカイブ

映画「ターザン」

2016 年 7 月 31 日 日曜日

見どころ満載である。近現代の歴史がわかっていれば、なお面白い。

西欧列強のアフリカ植民地支配の歴史である。

コンゴは実は、植民地以前に、ベルギー国王の私有地であった。植民地のほうがましであるくらいであったのだ。

ダイヤモンドがあるということは、いまでも、部族争いが絶えない。

この映画は、人種差別の歴史、真実を語っている。

黒人の米国人が、コンゴの虐殺をみて、インディアンを殺した俺たちは、ベルギー人を非難できないと言わせている。

さらに、原住民は、成人の儀式として、ゴリラを射殺してよいのか? とも問いかけている。

演説のうまさ 都知事選

2016 年 7 月 30 日 土曜日

明日はいよいよ、都知事選、投票日です。

みなさん、それぞれ、個性がありましたが、演説のうまさでは、小池百合子、桜井誠、立花孝志が印象に残りました。

演説がうまい人は、これからも、それなりに、支持を集めて、政治活動をしていくでしょう。

演説がうまいとは、話しがストンとおなかの中に入っていくよう気がします。

小池百合子氏は、「都議会をきれいにしよう!」

桜井誠氏は、「不法外国人を追放しよう!」

立花孝志氏は、「NHKをぶっつぶそう!」

米軍駐留経費 100%

2016 年 7 月 29 日 金曜日

トランプ氏の主張である。米軍が日本を守っているのなら、それは傭兵である。

米軍は日本のために、血を流すだろうか? 米軍が許しても、米軍兵士の母親は許さない。たとえ、駐留経費100%でもである。

米国の母親の素朴な疑問は、「なぜ、日本は自分で自国を守らないのだ?」

これが、弱小国ならわかる。日本は、かつて、航空母艦を運用して、米国を攻撃した唯一の国である。現在は、経済大国である。

他国に守ってもらっていては笑われる。

鳥越氏 250km以内 原発停止

2016 年 7 月 28 日 木曜日

女性スキャンダルで急速に支持が減りつつある鳥越氏だが、その政策で注目するものもある。「東京周辺の原発停止」である。

もちろん、都知事に原発停止の権限がないが、都民の代表としての発言の重みがある。

実際に、新潟県知事や鹿児島県知事は、原発停止に動いている。

静岡県知事も、相当、厳しいことを言ってるはずだ。

 

障碍者19人刺殺事件

2016 年 7 月 27 日 水曜日

これは、闇が深い。痛ましい事件がおきた。

障碍者は社会全体で優しく保護しなければいけない。

障碍者家庭は成り立つように政府が支援しなければいけない。

生物学的に、進化していくうえで、遺伝子レベルで、様々な変化が起きている。一定の割合で、障碍者が生まれてくるのである。

逆にいうと、人類の進化の負の部分を、障碍者が引き受けてくれているのである。

犯人にはここのところの理解はなかったようだ。

オリンピック ドーピング

2016 年 7 月 26 日 火曜日

ロシア人選手も競技ごとに参加できることになった。むろん、各競技団体が判定するわけであるが、よいことである。

ロシアが国家ぐるみでドーピングしていたことは明らかにされてしまった。ところが、全員が薬物を使用していたわけではない。というより、薬物に影響されない競技もあるようだ。

一方、オリンピックは個人参加である。あまりにも参加人数が多いために、国ごとにわけているだけである。

本来、メダルは健闘した選手個人への栄誉である。

国旗が掲揚されるので、いつのまにか国威発揚の場になってしまった。

宣伝を入れずに地味な大会に回帰してもらいたい。

 

原発 停止 100年

2016 年 7 月 25 日 月曜日

地震がくると、原発は安全に停止する。これは、正確に言うと、「核反応を停止させた。」ということで、原発は発熱を続ける。つまり、原発は簡単には停止しない。安全に発熱がなくなるまでには、100年かかる。

新幹線は、モーターを回して、駅の近く、30分前にスイッチを切ってモーターを停止させる。それから惰性で30分間動くのである。駅周辺で、ブレーキをかけて止まるのである。

原発に、原子炉を止めるブレーキはない。だから、核反応を止めてから100年、動くのである。

立花氏 NHK批判

2016 年 7 月 24 日 日曜日

NHKも太っ腹である。NHKを批判する都知事候補者の政見放送を流している。

長年、彼はNHKと戦っている。

彼の主張は、NHKの受信料徴収方法が強制的だということである。

受信料を払う人だけに受信させてくれということである。いわゆる有料放送である。確かに、技術が発達して、民間有料放送はそれでやっている。

NHKの受信料が高いために、NHK職員の平均年収が1,800万円で、不祥事が絶えないということである。

個人的には、「真田丸」を見るだけで、元は取ったような気がしているのだが。

都知事 スキャンダル

2016 年 7 月 23 日 土曜日

なにやら、都知事選はスキャンダル合戦である。

都民にしてみれば、よほどのことがないかぎり、スキャンダルより、都知事がどこを向いているかのほうが大事だ。

1.増田氏 ・・・ 現状維持、発展

2.小池氏 ・・・ 都議会利権解体

3.鳥越氏 ・・・ 安倍政権反対

4.桜井氏 ・・・ 反日外国人追放

5.上杉氏 ・・・ ボランティア政治

21人も立候補したので、印象に残った人たちの目指すところをワンフレーズでまとめてみた。いろいろ公約は書いているのだが、方向性を見極めることが大切だ。

都知事選 認知症テスト

2016 年 7 月 22 日 金曜日

都知事選で、高齢者も候補になっているため、認知症テストを受けさせろという声がある。

たしかに、75歳以上の高齢者は、自動車免許更新時に認知症テストを受けなければならない。危険運転をする可能性があるからだ。

公立病院でも、60歳以上の医師を雇用するときは、認知症テストを行う。誤診やメス、注射で患者を傷つける恐れがあるからだ。

さて、政治家の場合はどうか? 選挙は認知症テスト以上のテストではなかろうか?

討論会、演説を聞いて、有権者が大丈夫だと思ったら、大丈夫だろう。

これも民主主義のコストである。