2013 年 5 月 のアーカイブ

靖国神社の池に放尿 韓国のアホの極み

2013 年 5 月 31 日 金曜日

まったく、なんてことをしてくれたのだ。一般の韓国人も眉をひそめるのではないか?

これほどまでに反日教育は恐ろしいのだ。

日韓を離反させようとする工作員の仕業かもしれない。

嫌いなら日本に来なければよいのに、日本へ来ている韓国人を見ていると、商売をしている韓国人は愛想がいいのだ。

これは一般的には反日教育を受けているので、日本は悪者だと思っているが、犯罪を犯すほど嫌いではない。商売としておいしいと思っている。

かなりの反日団体があるのではないか。個々の工作員は別として、これらの反日団体を裏で操っている勢力の目的は、韓国と日本が仲良くしないようにすることだ。

この目的は成功している。日本人はおとなしく、めったに起こらないのだが、竹島に上陸した前大統領が天皇陛下に謝罪要求をしたころから、韓国を助けるのはやめようと思いだした。朝鮮戦争で民族が殺し合い、経済的にも大変だろうから、多額の援助をしてきたが、もう世論が許さない。第2次朝鮮戦争が起きても日本は韓国を助けないだろう。

経済より安全、安心

2013 年 5 月 30 日 木曜日

政府は商売がわからない。わからなくてもよいのである。へたに口を出すとろくなことがない。

政府が経済的にやる仕事は「規制緩和」「民営化」「自由貿易」、この3つでよい。一番いけないのは特定の業種に補助金を与えることだ。補助金で逆に業界の発展を阻害する。

民間は生き残らなければいけないから、まず儲けを考える。経営が成り立たなければ倒産であるから当然のことだ。

政府が同じように儲けを考えてどうするのだ。政府は儲けることは民間に任せて、科学的に安全で国民が安心できる基準を作るのが仕事だ。

電力会社が倒産しようが、住民の安心が得られない原発を再稼働することは狂気の沙汰である。国内で安心できない原発を輸出促進する見識も疑う。 原発メーカーの技術者も自信を持って輸出できるのだろうか?

 

慰安婦問題 人身売買 奴隷制度

2013 年 5 月 29 日 水曜日

世界の人権派メディアは慰安婦問題をどう見ているか?

まさしく、人身売買、奴隷制度の一種だとみているのである。

もちろん、売春が合法であったとしても、売春とは別の問題として取り上げているのだ。

最初に誤解を招くので、本件に関して旧日本軍の責任はないし、国際法で裁かれるものではない。また、韓国慰安婦の賠償請求も的違いだ。

世界のメディアは橋下発言が「人身売買を容認するものだ。」と誤解したのだ。

橋下氏はあくまで、普天間の米兵の沖縄一般女性に対する強姦事件を起こさない工夫を米軍司令官に求めただけである。慰安婦問題は人権問題として職業としての売春婦にかかわってくるので簡単な記者会見では説明しきれないのだ。

基本的問題として、2013年現在も、韓国国内には190万人の売春女性がおり、海外へも10万人の韓国女性が売春婦として出稼ぎに行っている。行先はアメリカ、日本、オーストラリアがほとんどである。このような状況を看過、解決できない韓国社会、韓国政府、慰安婦関連団体は70年前の旧日本軍の問題を取り上げる意味があるのだろうか?

政治的意図、賠償金目当ての詐欺として見られている。

世界メディアが懸念している慰安婦は性奴隷であると看破している視点は正しい。70年前はまさしく、奴隷制度が顕在であったのだ。アメリカもリンカーンが奴隷解放をしたと言っても、黒人が市民権を得たのは戦後十数年を経てからである。米国は人種差別に取り組んでいるが、イスラム世界への軍事攻撃をやめようとしない。

第2次大戦での最大の人権侵害はなんと言っても、原爆投下である。生粋の人権派メディアは「なぜ、無差別殺戮である原爆投下を国際法違反であったと糾弾しないのか?」

慰安婦が性奴隷であると言うなら、「なぜ、米軍は日本占領後、慰安所設置を日本政府に求めたのか?」

韓国は朝鮮慰安婦に同情するのなら、朝鮮戦争時、「なぜ、米軍に慰安所を提供したのか?」

解体され、責任者が処刑されている旧日本軍の慰安婦制度を問題にするなら、いまも存続している米軍、韓国軍の強姦事件を取材して、解決策を見出してほしいと世界の基地周辺住民は望んでいる。

 

 

 

 

英語教育より 国史教育 日本語教育

2013 年 5 月 28 日 火曜日

やたらに英語力強化が謳われているが、世界で活躍するビジネスマンで英語力不足を感じている人はいない。

英語で商売できるなら、そんな簡単な商売はないのである。

国際人というと英語ぺらぺらの人という印象があるが、それぞれの専門性が高く、その技術、教養が世界に通用する人が国際人である。

今回の提言で必要とされる小学校英語教師は8万人である。不可能なのである。

将来、世界で活躍する日本人はせいぜい、人口の1%である。全国で800人の小学校教師で十分である。

英語よりも、日本全体に広める教育は国史教育である。古事記である。明治維新から現代までの歴史、特に西欧列強のアジア植民地支配の歴史、日清戦争、日露戦争、第1次世界大戦、そして日中戦争、太平洋戦争である。

いまの高校生は広島、長崎に原爆を落としたのはロシアだと思っている若者もいるのである。アメリカと戦争したことを知らないのだ!

世界に日本企業が進出している。日本人学校もある。企業もそれぞれ努力しているだろうが、拠点となる都市には日本会館をつくったらよい。現地人向けに日本語学校を開くのである。日本への留学、日本企業への紹介も活動を広げられたらなおよい。

世界に広がる日本企業、日本製品とともに、日本語、日本文化も世界に広めよう。

 

各国 慰安婦制度 

2013 年 5 月 27 日 月曜日

第2次世界大戦前後の各国の慰安婦制度を比較してみたい。

ドイツ、日本、韓国(朝鮮戦争当時)型 ・・・ 管理慰安所

アメリカ、イギリス、フランス型 ・・・ 民間売春宿

ロシア(旧ソ連)・・・ 強姦奨励

現在の価値基準で言えば、どれもこれも認められない。

当時の国際法違反はロシアである。強姦は軍が奨励していないが、処罰できないでいたのは各国ともあったのではないか。

近々、ノルマンディー上陸以後の米軍によるフランス女性、強姦事件が頻発していた史実が本になる。占領地のみならず、解放地でもそうであったのだ。

旧日本軍の慰安所を問題にしている国は、現在の歓楽街、自国民が大挙して海外へ風俗嬢として出かけることを何と思っているのだろうか?

アメリカでは慰安婦石碑がある一方で、韓国風俗業への排斥運動が起きている。

どの国も売春防止法で一応の決着はついているのではないか。

 

 

普天間 アメリカ人風俗

2013 年 5 月 26 日 日曜日

保守の論客、西尾氏が報道番組で、鋭い指摘をしていた。

橋下発言の「在日米軍は一般沖縄女性に乱暴しないで、合法的な風俗を利用したらどうか?」が海外メディアで批判されているが、以下のように修正発言したらどうか?

「在日米軍は一般沖縄女性に迷惑を掛けないように、アメリカ本土からアメリカ人風俗嬢を連れて来たらどうですか?」

これは歴史家である、西尾氏ならではの発言である。

旧日本軍の娯楽所の歴史はシベリア出兵までさかのぼる。当時、3万人の兵士のうち、2万人が梅毒に罹患してしまったのだ。

そこで、旧日本軍は戦力低下を防ぐために、民間業者の衛生指導、警備を行った。

娯楽所は兵士の衛生管理および、一般女性の保護のためであった。

しかしながら、現在の沖縄米軍は風俗禁止である影響かどうか、軍内での女性兵士へのセクハラが絶えない。オバマ大統領があまりの風紀の乱れに激怒したほどだ。

米軍は軍内の風紀対策をせずに、沖縄一般女性に迷惑をかけているのだ。

旧日本軍を見習って、米国本土から民間娯楽業者を呼び寄せたらいかがか?

 

なぜ 慰安婦 南京 を捏造するのか?

2013 年 5 月 26 日 日曜日

戦前、いや、日露戦争終結時から風向きが変わった。戦前までは、帝国主義の時代であった。自国の利益のために、領土、権益を拡大するのだ。

産業革命をいち早く成し遂げた、欧米列強、白人国家がアジア、アフリカを植民地化していった。

日本は鎖国していたが、巧く国内をまとめ、明治維新をはたし、近代国家、富国強兵によって植民地化を免れた。アメリカが太平洋に乗り出し、日本を開国させたわけであるが、まさかこれほど早く近代化するとは思わなかっただろう。

最初に驚いたのは、ハワイ王朝を滅亡させようとしたとき、東郷平八郎が牽制のために軍艦をハワイに寄港さえたことだろう。

つぎに、まさか、ロシアを倒すとは、完璧に制海権を奪ったのだ。ルーズベルトはアメリカのアジア進出のためには、日本にロシアから絶対に賠償金を取らせないようにした。これ以上、軍艦を作られたら、アメリカがアジアに進出できなくなると戦略的に考えたのだ。

すでにこのとき、いづれアメリカは日本と戦争することを想定していたのだろう。

ワシントン条約で軍艦の数を制限し、日英同盟を破棄させたのは、日本の外堀を埋め始めたのだ。

日本のシナ大陸への進出はアメリカ、ソ連、ドイツが嫌がった。3国とも蒋介石の国民党に軍事援助をしている。日本軍を攻撃させるためだ。有名なのが、アメリカの空軍、フライングタイガーだ。中国と日本が結託すれば、アメリカはアジアに進出できなくなると、直感的にハワイ併合のときから観ていたのだ。蒋介石をおだてて、軍事援助をして日本軍とたたかわせる。これが西欧列強の軍事戦略だったのだ。「日本はシナ大陸を侵略している、悪い奴だ。」という国際世論をつくっていったのだ。上海の租借地は、フランス、イギリスも日本と同様にあったにもかかわらず、日本の租借地だけを攻撃している。

アメリカは日中離反に成功したのだ。

現代もそれは続いている。まず、日米同盟で日本列島を軍事占領している。慰安婦、南京問題を捏造し、日本軍の悪いイメージづくりをした。すべて、日本封じ込め作戦なのだ。

原爆 神の罰 

2013 年 5 月 25 日 土曜日

韓国がまた変なことを言い始めた。「原爆はアジアを侵略した日本民族への神の罰だ。」

まったく、言いたい放題だ。

韓国人が日本、および日本人が嫌いなのはよくわかる。

北といまでも戦争しているので、屈折した感情もわかる。

戦争とは何ぞや? 正義と正義のぶつかり合いである。外交で解決できないと、戦争になる。

どちらの言い分もそれぞれの正義なのである。

戦争をして決着がついたら、負けたほうは主張を取り下げ、恨みっこなしなのである。

戦争犯罪や、国際法違反は糾弾し、場合によっては賠償、裁判によっては処刑もありうるだろう。

いけないのは、お前の正義は悪い、歴史、信条を変えろと言うのはいかがなものか?

勝者のおごりで自分だけ正義づらするのは恥ずかしくないのか?

日系アメリカ議員の詭弁 慰安婦 売春婦

2013 年 5 月 24 日 金曜日

日系アメリカ議員が橋下発言に反応している。

「米軍は従軍慰安婦制度を制度として取り上げていない。女性の人権を尊重している。」

この日系人はGHQ占領下の日本を知らないらしい。

日本を占領した米軍は米軍のために日本人女性による慰安所を設置することを日本政府に要求したのだ。さらに、高級将校には旧華族の女性たちを所望したのだ。

もっとも、高度な教養を備えた彼女たちのおかげで、GHQ高級将校の日本文化理解が深まり、国体維持の流れになったのだが。

この日系議員はアメリカは戦中の邦人収容所の問題を率直に反省、謝罪し、未来に向かって建設的に歩んでいるというが、アメリカは人類最大の人権侵害である、原爆投下を反省していない。

これは国際法違反ではなかったのか?

それに対して、慰安婦は、当時は公娼制度が合法であり、朝鮮人慰安婦問題も実は朝鮮やくざが仕組んだことであり、日本軍は将校の10倍の対価で慰安婦に応じた。しかも、ほとんどは朝鮮人女性ではなく日本女性であった。

高給に応じて稼いだ女性がいた一方で、東北の娘が親に売られてきたことも事実であった。軍隊、海外どころか、国内の岡場所が合法であった時代である。国内も軍隊の駐留地も同じ制度、風俗であったのだ。軍隊はむしろ、慰安所の警備、健康を保全していたのだ。

人類は進歩している。70年前は合法であったとしても、現在は売春防止法があり、違法である。植民地も持っている国はない。人種差別もしていない。70年前の軍隊がどうであったと自国の軍隊のことを棚にあげてあげつらうのはいかがなものか。

 

 

静岡県知事選挙 地域振興 原発

2013 年 5 月 22 日 水曜日

いよいよ、静岡知事選です。県知事の役目は地域振興なので、その点から見ていきたい。

川勝氏は富士山をさかんに宣伝してくれたおかげで観光客も伸びて、東部は随分、景気がいいだろう。広瀬氏はサッカーイベントでかなりのことをやってくれそうだ。

任期4年のうちには、変化がないだろうが、すべてを御和算にするのは原発事故だ。フクシマは2度と帰ってこない。放射能事故は1万年、もとに戻らないのである。人類が生きているかもわからない。

直接、原発廃炉の、廃棄物処理の責任はないが、現在の原子力行政、事故対応、技術レベルを新聞レベルでも分析すれば一定の見解は持てるはずである。

県民代表として、自分の故郷として、静岡の原発はどうあるべきか?