2012 年 8 月 のアーカイブ

減税日本・平安 禁原発

2012 年 8 月 31 日 金曜日

ただちに原発依存度をゼロにする意見が鮮明になってきました。「禁原発」です。京都の平議員が提唱していますが、原子力発電の本質がわかっています。

名古屋の減税日本が提携したということですが、「禁原発」の理論武装をして再稼働反対の立場にたつようです。

原発ゼロは10年後をまたずに、ただちに始めなければいけない。

 

自民党 維新派

2012 年 8 月 30 日 木曜日

維新の会が9月に新党を立ち上げる。自民党議員も、ぼちぼち、若手のみでなく、閣僚クラスも維新と接触している。

自民党維新派と呼べるまでにはなっていないだろうが、小選挙区では旗を鮮明にしなければならない。

 

田中真紀子 民主党代表戦

2012 年 8 月 29 日 水曜日

この手があったか! というほどの妙手である。 民主党は復活するかもしれない。 代表戦で論戦を期待する。

自民党はどうするのか? 田中氏に対抗できるほどの・・・ 総裁選ででてくるしかない。

 

維新の会 国会議員半数

2012 年 8 月 28 日 火曜日

わかりやすい。消費税を上げるなら、政治家が身を切れ。ということだ。もともと日本の国会は定数が多かった。実質的に何も困らない。

維新というからには、明治維新のように、封建体制の破壊を意図している。士農工商をなくすのだ。平成の現代は、霞ヶ関体制の破壊を意図している。

道州制である。日本連邦である。だとしたら、国会は外交、防衛だけでよい。国会議員は半数(240名)でよいどころか100名で足りる。

免税 補助金 規制

2012 年 8 月 27 日 月曜日

国家にたかっているのはシロアリだけではない。利権団体、つまり一般国民も同様である。免税がいけない。弱いもの、公共性が高いもの、政策的に優遇したいものに免税をするが、まことに恣意的なのだ。価値観が多様化している社会で免税は公平性に欠ける。政治団体、宗教団体、福祉団体でも免税特権は利権になっている。

補助金もいけない。農業所得補償、自然エネルギー補助も産業を衰退させる。

規制はわかりやすいだろう。食品や放射能など安全性以外の規制は撤廃したほうがよい。 既得権益の保護にしかなっていない。

第3極 経済国家から精神国家へ

2012 年 8 月 26 日 日曜日

第3極がまとまらない。 歴史的大転換なのだから、小異をすて、国家的視点をもってほしい。

明治維新で日本は開国し、欧米列強に植民地にされないために、軍事国家として近代化した。太平洋戦争で敗戦し、アメリカに基地を提供することで、焼け野原から高度経済成長をやりとげ、経済国家としてよみがえった。 世界的にも経済だけでは行き詰まりをみせている。

これからは、お金から心へ比重を移していくことになるだろう。経済国家と言っても自衛隊があり、それなりの軍備はしている。精神国家になっても経済活動をしないというわけではない。

ドル、ユーロ、円は世界経済の基軸通貨であることにかわりはない。

国の方針として、軸足が経済から精神(こころ、文化、命・・・)に移ったということだ。

たとえば、原発、「原発は経済活動に重要だ。」という論理は通らないということだ。「経済活動より子供たちの健康が大事だ。」という論理で国家が動くということだ。

免税、補助金、規制もなくなる。これは難しいので次回に。

原発ゼロ はまりやすい論理の罠

2012 年 8 月 25 日 土曜日

原発ゼロを民主党が言い始めた。 2030年にゼロにするということは、2030年まで原発を稼働させるということである。 これは原発ゼロではない。

原発ゼロとは、現時点で再稼働はしないということである。 廃炉は予算、人員の関係で、ただちに全部は無理だろうが、順次、危険度が高い順から実施するしかあるまい。

2030年に原発ゼロなどというのは「原発推進派」である。原発ゼロとは「再稼働なし。大飯原発、ただちに停止。」と主張している人たちが原発ゼロである。

日韓関係

2012 年 8 月 24 日 金曜日

韓国がやたら姦しい。確信犯的に突っかかってきている。戦争するつもりではないかと疑われてもしかたがない。

韓国はわかっているのだろうか? 北には北朝鮮がいるのである。韓国が日本と戦争したら、竹島で小競り合い程度でも、ソウルに攻撃があるかもしれない。アメリカ、日本が助けなければ大韓民国は消滅する。北朝鮮に併合されるのである。

すでに中国、ロシアはその線で韓国、北朝鮮に工作しているのではないか?

一般の韓国住民はそれでよいのであろうか?

フクシマはまだ終わっていない。

2012 年 8 月 22 日 水曜日

竹島、尖閣で連日、大騒ぎですが、フクシマも終わっていない。まだ、放射能が出ているのだ。 米、野菜、は原産地でだいたいわかるが、魚はわからない。そもそも、使用済み核燃料棒がいまだ、処理されていないのだ。

突貫工事で補強しているのだろうが、大地震、台風、竜巻がきたら危ない。

韓国が反日教育をしているかぎり、日韓友好はありえない。友好ムードになっても必ず、壊す勢力が出てくるのだ。最終的には戦争で対馬を獲ろうとしているのだ。とりあえず、スワップ協定を破棄して経済的制裁をはじめなければいけない。

中京維新の会 脱原発?

2012 年 8 月 21 日 火曜日

中京維新の会が道州制、首相公選制、消費税地方税化をあげてるが、脱原発は公約していない。「30年後の脱原発には賛成するかもしれない。」としている。

放射能への危機感がない。エネルギー政策に知見がないのは致命的だ。