‘人類’ カテゴリーのアーカイブ

人はパンのみにて生きるにあらず

2018 年 8 月 20 日 月曜日

一般的には、人は物欲だけではなく、精神的なものも必要だという文脈で使われているが、

これは、聖書の一節であるが、プロテスタントの解釈によれば、

ひたすら、神を信じていれば、砂漠で、食べるものがなくても、神は天からナン(パン)のような食べ物を降ってくださるから、飢えることない。

そのためには、ひたすら、神を信仰しなさい。信仰とは、行動が伴うもので、信仰、即、行動である。

ルターに始まる、プロテスタントの始まりである。

大東亜戦争 歴史的転換

2018 年 8 月 18 日 土曜日

戦後、太平洋戦争という名が広まった。

日本は、アメリカに真珠湾攻撃をはじめとして、太平洋で、アメリカと戦ったので、アメリカ政府は太平洋戦争と呼んだ。

日本は、アメリカが、経済制裁をして、世界市場から締め出してきたので、致し方なく、アジアで人種差別がない、大東亜共栄圏を作ろうとした。インド、タイ、フィリピン、ヴェトナム、ミャンマー、インドネシアなど、イギリス、アメリカ、オランダ、フランスに植民地され、搾取された人たちを独立させ、人類史上、初めて、人種差別をなくす、国際関係を作ろうとしたのである。

これは、歴史的大転換である。大東亜戦争後、目覚めたアジア各国は、独立戦争を始める。

東京オリンピック 北と台湾

2018 年 8 月 11 日 土曜日

世界平和のスポーツ祭典である。

北朝鮮や台湾も参加してもらいたい。

北は、拉致被害者を全員、帰還させたうえで、参加してもらわなければ、日本の国民感情が許さない。

台湾は、TAIWAN で参加してもいいではないか? 台湾は、もともと、台湾人がいて、漢人の国ではないのである。

あの、清でさえ、満州人の国であったせいか、興味を示さなかった。

日本列島 先住民

2018 年 8 月 6 日 月曜日

先住民という言葉が、適切でないかもしれない。

10万年前の、日本列島にいた旧石器時代の人類の話である。

現代人、ホモサピエンスは、アフリカに20万年前に生まれ、10万年前に、大移動を開始した。中東に、文明をつくり、欧州、アジアに広がっていった。

欧州には、ネアンデルタール人がいた。数万年は共存したが、やがて、ネアンデルタール人は絶滅した。もっとも、混血していたので、いまでも、現代人には、ネアンデルタール人のDNAがわずかに残っている。

おなじことが、アジアにもあり、旧石器人が、日本列島にはいたようだ。

4万年前に、南から海を渡ってやってきたホモサピエンスと共存、混血していった。2万年に、北からやってきたホモサピエンスとも、北海道で、共存、混血していった。

そして、北からやってきた種族は、1万7千年前に、津軽海峡を渡り始めた。北の種族と南の種族が、遭遇したのである。

因幡の白兎

2018 年 8 月 1 日 水曜日

古事記、神話の世界であるが、いろいろ意味深なことが含まれている。

ウサギが、サメを並べて、飛び移る話がでてくるが、記載では、「ワニ」であるが、日本にはワニはいないので、サメだろうということにされている。

ところが、30万年前の地層から、「巨大ワニ」の化石が発掘された。

8mの巨大ワニである。 そのころは、日本列島は、亜熱帯であったのだ。 

サメは、海岸に並ぶ習性はないが、ワニは、きれいに、一列に並ぶ。 古代の日本人には、ワニの記憶があったのである。

移民 国境

2018 年 7 月 10 日 火曜日

テレビで、移民と国境について、21人の若者が討論していた。

移民は受け入れるべきか?

議論している若者自身が、移民の2世、3世であったりする。

アメリカ、欧州は、移民が多い。

トランプでさえ、移民がいけないとは言っていない。犯罪者の移民、入国を禁止すると言っているだけだ。

論点は、文化、経済、受入数の問題であった。

アメリカはそもそも、移民の国である。欧州も、かつての植民地からの移民である。

フランスは、同化を求める。フランス語を話すことだ。

生命の寿命

2018 年 5 月 6 日 日曜日

それは、12億年前から始まった。

それまでは、生物は、自分の個体が古くなると、まったく、同じ、単体を複製していた。

その中で、一部の個体は、オスとメスに分かれて、それぞれの遺伝子を半分づつ、受け継ぐ、新たな単体を作り出すものが出てきた。

寿命はここから始まった。新しい単体は、厳しい環境に適応できるが、昔の単体ではない。

昔の単体は、寿命が尽きて死んでいくのである。

結局、同じ単体をつくる生物より、オスとメスに分かれて新たな単体をつくる生物のほうが、環境に適応できて、進化を遂げてきた。

騎馬民族説

2018 年 3 月 20 日 火曜日

学会では、すでに完全に否定されている、「ヤマト朝廷騎馬民族説」。

確かに、古事記の中に、「馬」は出てこない。

うさぎ、ワニ、などなどである。

古墳の中に、馬具や、馬の埴輪もない。

資源大国

2018 年 3 月 18 日 日曜日

日本は、2050年には資源大国になる。

技術革新で、自然エネルギー100%になるのである。

水力、潮力、風力、地熱、いろいろある。

ただし、無理はしてはいけない。

基本的に、人類にとって、化石燃料は無限である。

1000年は、天然ガス、石油が利用できるのである。

CO2 石油

2018 年 2 月 13 日 火曜日

CO2は、大気中の 0.04% しかない。

恐竜時代は、20-25% ぐらいはあったのである。 

これでは、いずれ、生物は死滅してしまう。  

なくなった CO2 はどこに行ったのだろう。 石油の中に眠っている。

石油を燃やすと、CO2 が出てくる。

石油を使うことはいいことなのである。

石油を人類が使うようになって、150年である。

あと、1000年は使える。 1000年後に、まだ、エネルギーとして石油を使っているとは思えない。

1000年前は、なんと、源氏物語の世界である。