‘歴史’ カテゴリーのアーカイブ

父系皇位継承

2019 年 6 月 19 日 水曜日

いま、法律では、男系男子となっているが、これは、英語で言うとわかりにくい。

実際に、アメリカ人に説明してもわからない。

男と女の問題ではないのである。

父系と表現することが正しい。ファーザーズラインといえば、アメリカ人もわかるのである。

今年の秋以降、動き始めるだろうが、父系皇位継承を守るためには、旧宮家の若い男子による宮家復活が必要である。政府の調査で7人が、実在することがわかっている。

旧宮家の皇籍復帰

2019 年 6 月 17 日 月曜日

女性天皇、女系天皇、女性宮家も議論も、子供が生まれなければ、同じように断絶である。

旧宮家の11家は、現在は、若い男子がいる旧宮家は4家だけである。

しかしながら、11家16人いた男子は、4家26人である。

これは何を意味するのだろうか? 生まれる家は生まれる。生まれない家は生まれない。である。

現在の旧宮家は4家、8人がいるのである。

それぞれ、事情があり、選択の自由はあるので、4~5人を目標に、現在の宮家への養子を検討すべきだ。お子様が、未成年の場合は、養子になっても、実家にお預けという風習も皇族の伝統にはある。2600年の伝統は、さまざまな知恵があるのである。

女系天皇 女性天皇

2019 年 6 月 16 日 日曜日

これは、日本の伝統に反する。伝統は血統の原理である。

天皇は、父系男子に限るということで、神武天皇以外の系列を排除してきたのである。

これは、天皇乗っ取りを排除する知恵である。

時の権力者、藤原氏、平家、意外に、天皇側近の権力者が、天皇の権威を簒奪することを、紙一重で排除してきたのである。

それでも、血統が絶えるときがある。そのための、血のスペアとして、宮家がある。

宮家が、五家あれば、理論上は、父系男子が絶えることはない。宮家も、絶えた時は、他の宮家から養子をもらうのである。

いま、宮家が、絶えようとしている。戦後、GHQによる、11宮家の臣籍降下が効きだしたのである。旧宮家から現宮家に、養子を迎えることが、伝統の宮家存続法である。

慰霊の旅

2019 年 6 月 13 日 木曜日

細川や村山の謝罪外交に対して、平成天皇陛下の対応は、慰霊の旅であった。

その御製は、「国がため、あまた逝きしを悼みつつ、平らけき世を厚く、あゆまむ。」

天皇陛下は、ただ、ひたすら、国民のしあわせを願う。これは、神武天皇以来の伝統である。

終戦時、11歳の上皇陛下は、44歳の昭和天皇が、たとえ、連合軍に処刑されても、自分が、日本国と国民を幸せになるように導くと固く決意していた。

連合軍、とくに、中国とソ連は天皇を処刑しようとしていた。

丸山 糾弾決議

2019 年 6 月 10 日 月曜日

笑うのはだれだ?

ロシアである。ロシア自身が、戦争で獲ったものは、戦争で負けない限り、返さないと言っているのである。

ロシアは、返すのではなく、何かと交換するのである。

明治時代は、千島と樺太を交換した歴史がある。

拉致 憲法改正

2019 年 6 月 8 日 土曜日

いま、日本列島周辺の危機は、拉致、尖閣、シーレーンである。

これらは、日本の国民、財産を守る自衛権の話である。

自衛権は、国民の権利として、国連、国際社会、も認めている。国際法上、合法なのである。

もし、自衛権を認めていない憲法があるとしたら、それは、国際法違反である。

日本国憲法も、自衛権は認めている。交戦権、軍隊は認めていないではないかいう見解もあるが、それは、自衛権を妨げるものではないという不文律がある。

その意味では、憲法上の理由で、拉致被害者を奪還してこなかったのは日本国中が、敗戦で金縛りにかかっていたのである。

天皇 大和朝廷

2019 年 6 月 4 日 火曜日

神武天皇は、大和朝廷を開いた。それまでは、各地で豪族がいたのだが、日本列島で、全体の統治がはじまったのだ。

時代が下がると、各地で武士が台頭し、ついには、鎌倉幕府を開いて、天皇から権力を奪い、天皇には権威が残った。

なぜ、鎌倉幕府は、天皇を廃止しなかったのだろうか? 武士の棟梁の源氏は、天皇の親王が、皇籍を離脱し、臣下となり、皇族を守るために、武士となった家系だからである。

平家もおなじである。父祖は、天皇である。

武士の時代が、鎌倉、室町、戦国、江戸となるが、徳川幕府を倒した、明治新政府も、下級武士であったが、彼らは、近代国家を目指して、天皇を中心とした、立憲君主にした。

振り返ってみれば、武士の時代も、天皇は権威をもち、征夷大将軍を任命していたのであるから、あまり、変わらない。

なぜ、明治新政府、大久保たちは、天皇を担ぎ出したのか? 錦の御旗である。徳川幕府を倒すときも、天皇が幕府を倒せと号令したから、各藩は従ったのである。

天皇の権威を借りなければ、日本はまとまらないのである。

G20 と消費増税

2019 年 6 月 3 日 月曜日

財政状況が悪くないのに、消費増税をしたら、G20で笑いものになる。

G20 以前に、消費増税凍結を打ち出す可能性がある。

借金がGDPの2倍以上になったのは、終戦間近の状況を同じだという。

敗戦で、生産力が、激減していたら、ハイパーインフレになるだろう。

現在の、日本の生産力は、大地震がきても盤石である。

国会 宮家 皇籍復帰

2019 年 5 月 28 日 火曜日

国会が動き出した。自民党から、宮家に復帰する可能性がある、旧皇族、未成年男子及び、20代前半の男子は何人いるかという質問がなされた。

政府答弁は、未成年5人、20代前半は2人、という答えだ。

次世代、皇位継承者確保の課題は重い。

女系論 反日

2019 年 5 月 27 日 月曜日

いまだに、鳴りやまない女系天皇論は、反日勢力が利用している。

彼らは、天皇廃止論である。しかしながら、日本国民の99%以上は、天皇を敬っている。

そんな中で、いきなり天皇廃止は叫べないので、まず、女性天皇をつくり、民間人と結婚させ、その子を天皇にする。まさしく、その子は女系天皇であり、万世一系が崩れる。

そこで、万世一系が崩れたのだから、2600年の歴史は終わった。新しい王朝が始まったと宣伝するのである。

そして、歴史も伝統もない、新しい王朝は廃止して、国民主権の共和制にしようと宣伝するのである。 とんでもない、反日勢力である。

女系天皇論に乗ってはいけない。